• TOP
  • 製品コンセプト
  • ROAD
  • RIS9

RI9

フレームの上下で役割を分けるという設計思想

世界で戦うライダーをサポートするために生まれたRIS9。その設計特性の最大特徴となるのは、上りでの性能である。具体的には、サドルに座ったペダリングでトルクを掛けたときの反応性の良さと、立ち漕ぎ、すなわちダンシングでのバイクの振りを軽くし、体重を左右に掛けたときに、その力を受け止め推進力につなげるものだ。
これを実現するのが、フレーム下部の高剛性化と、フレーム上部の軽さだ。まずはフレーム下部の剛性面についてである。フレーム下部というのは、ダウンチューブ、BB周辺、シートチューブの3部位からなる一つの構造体だ。必要となる各部位の断面積を、加速と車体の振りの速さに作用するねじり剛性と、ライダーからの入力を受け止めつつ脚への疲労にも作用する横剛性との最適なバランスを獲得するように調整。フレーム下部となる弓のような形状の構造体は、最適な剛性を確保する
とともに、全体的な重心を下に集めることにも役立つ。
一方でフレームの上部、すなわちトップチューブからシートステーに至る構造体は、そのボリュームを落とすことで、重量的な軽さと下部から伝わってくる応力のいなしを受け持つ。すなわち路面振動を和らげつつ、バイクを振ったときの反応を鋭くする。

前後車輪に必要な役割を、確かに発揮させる

さらにはヘッド周りの剛性を高め、フロントフォークを薄く、ストレート形状にしたことで、コーナリングでの方向付けを確かなものとし、狙ったラインへ攻めこめる安定したコーナリング性能を獲得。この前輪の方向付けの確かさと後輪の加速感との組み合わせが、平地や下りでの全体的なスピードアップにつなげられる。
さらには素材にも、軽量なHMカーボンを使用する。部位ごとに異なる弾性率を使い分け、その積層も細かくコントロールしたことで、940g(460サイズ)というフレーム重量で最大限の効果を持たせることに成功。この軽さと反応性も、上りでの推進力に大きく貢献する。
このような新たな発想で剛性を再構築したRIS9。剛性のバランスを徹底的に追求し、高い反応性と脚への負担が少ないペダリングの両立、優れた振動吸収性、高精度なハンドリングを高次元で融合させた。新次元へと昇華したその走りは、プロをはじめとするあらゆるレベルのライダーに走る喜びと勝利を与える。