• TOP
  • 製品コンセプト
  • ROAD
  • RS TECHNOLOGY

R9

PROFORMATが研ぎ澄ました、アンカー史上最も「進む」レースフレーム
推進力を最大に高めるフレーム設計

アンカーのレーシングバイク群は、勝利に貪欲である。「常に勝利を目指し続ける」、そのコンセプトを忠実に再現するモデルが、アンカーのロードレーシングモデル群、RSシリーズだ。その開発の根底にあるのが、PROFORMAT〈プロフォーマット〉、すなわち推進力を最大に高めることである。
剛性バランス、軽さ、素材などさまざまなアプローチから、ロスを極限まで減らし、レース勝利のために推進力を最大に高めるという命題に取り組んだRSシリーズ。その最高峰モデルとして存在するモデルがRS9だ。その性能の中でも特徴的なのは、後輪の舵角変化の少なさである。


後輪の舵角変化を最小限に抑える

ペダルを踏むと、その力はBB(ボトムブラケット)に伝わっていく。このときBBの位置は、車体の中心に対して変化する。このBBの位置変化(ウィップなどと表現される)が結果として「進もうとする方向に対して後輪の方向が微妙にずれ」、それが「進まない」という感覚を乗り手に感じさせることがある。
RS9はそれを、単純にBB周辺の剛性を高めて解決するのではなく、PROFORMATで解析したあらゆるデータを凝縮し、剛性を高めすぎることなく後輪の舵角を最小限に抑えることに成功した。


新カーボン素材の高弾性率とさらなる軽さ

RS9の全体設計に関わる大きなポイントは2つある。まず1つめが前三角を高剛性化し、BBのフレを的確に抑制したこと。そして2つめが、後三角の剛性を適正にし、BBのフレを後輪に伝えないことである。前後剛性のバランスと適度なしなりの要素とを組み合わせたことで「進む」車体を実現した。
素材となるカーボンの性質にもこだわった。RS9に採用されたウルトラハイモジュラスカーボン素材は、これまでのハイエンドモデル群に使用していたカーボン素材に比べ、1.5倍以上の弾性率を持つ。これはすなわち、より少ないカーボンシートの積層、素材の量で、理想の剛性、強度と性能を得られるということだ。こういった数々の積み重ねで、一定の条件下で従来品と比べ8秒間で4cm、推進距離を伸ばすことができた。


ワイヤリングの角度まで細かく検証

細かな部位にもアンカーならではの細かな配慮が施されている。軽量化のためにヘッドセットの下部と一体化されたフォーク。理想的な剛性としなりのバランスを取るリアのループエンド形状。さらにはこれら前後エンド部まで、カーボンで精密に一体成型され、重量を可能な限りまでそぎ落としている。フレーム内蔵のワイヤリングが入る角度も、細かな計算と繰り返した試作に基づいて決定された。


同じ設計思想を異なる素材で実現

こういったPROFORMATが導き出した最高峰モデルRS9の設計思想と形状を、異なる素材で実現したモデルが、アップデートしたRS8と、アルミ素材を使うRS6である。RS8はRS9と同じ設計に、標準的な弾性を持つカーボンを使用したモデルだ。軽さとしなりの心地よさにおいてはRS9にはかなわないが、その分耐久性は高い。

アルミを使うRS6は、RS9の形状と性能をアルミの素材特性に最適化したモデルだ。最速の設計思想にアルミフレームの小気味良い反応性を加え、さらには耐久性もコストパフォーマンスも高まった。飛行機移動の多いトライアスロンでの使用にも向くモデルとなった。
走りの無駄を極限までそぎ落とした、アンカーのレーシングモデルRSシリーズ。最速を目指すあなたの最高の相棒となる。