contents

07/04/27

辻浦選手優勝!

スタート早々辻浦と野口【TREK】の一騎打ちの火蓋が落とされた。
野口はマッドレースでの勝率はとても高い。そして辻浦はマッドレースの経験はシクロクロスで十分にある。
勝負は最後の最後まで持ち越された。幾度と仕掛ける野口のミスをついた形もあったが、積極的にレースを運んだ辻浦が通算2勝目となる優勝となった。
今シーズンはオリンピック代表枠をアジア選手権で獲得しなければならない重要なシーズンであり、幸先のいいスタートとなった。
雷太は最終回5位争いのポジションだったがトラブルもあり9位でゴールした。

辻浦コメント
「アメリカ遠征での成果で出せて嬉しい。アンカーラボの測定でいいコンディションであるのも数値で理解できた事が自信につながり、結果に繋がったと思う。これに満足することなく攻めて次も優勝していきたいと思う。応援ありがとうございました。」
<管理人>


Jシリーズ八幡浜辻浦圧縮済350.JPG