contents

07/07/01

東日本実業団ロードレース

 東日本実業団ロードレース当日は、曇りのち晴れの
ロードレース日和。

 一般公道を使用する関係でBR-1が8時スタート、BR
-2は8時5分の朝早い時間のスタートでレースは開始
された。

BR-1に参加したアンカーのメンバーは10名、BR-2は、
嶌田(07ジュニアチャンピオン)伊丹の2名


 BR-1は、中盤抜け出した畑中、三瀧が8名のゴール
スプリントでベテラン鈴木(チームミヤタ)に届かず、悔
しい思いをした若手2人だった。
 レースは難しいので、今回は良い勉強になったと思う。
ベテラン飯島、田代には若手の走りを見てもらうレース
となり、レースを終えた選手は、アンカートラック前で飯
島、田代からレースの走りについての反省会が始まっ
ていた。レースは常に勉強なので、今後のレースに活か
してほしい。


 また、BR-2は何度も逃げを試みた2人であったが、集
団から抜け出すことは出来ず、集団ゴールスプリントに
なり、力を出し切った2人はスプリントに参加したが結果
としては優勝は出来なかった。まずは、優勝してBR-1に
昇格する事が目標。

東日本実業団ロードレース 結果
BR-1 距離 92.3㎞

1位 鈴木真理 (チームミヤタ)       2時間15分04秒
2位 三船雅彦 (マトリックスパワータグ)       +0
3位 福田真平 (チームミヤタ)             +0
4位 畑中勇介 (チームBS・アンカー)         +0
5位 三瀧光誠 (チームBS・アンカー)         +0
6位 初山 翔  (キャノンデ-ルディアドラ)       +2秒

BR-2 距離 66.1㎞
集団スプリント

10位   伊丹健治 (チームBS・アンカー)
40位   嶌田義明 (チームBS・アンカー)

<fujino>

%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88.JPG

%E7%95%91%E4%B8%AD-s.jpg

%E5%B6%8C%E7%94%B0-s.jpg

%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0.JPG