contents

08/04/16

アジア選手権トラック

3月下旬の世界選手権で、日本のオリンピック枠を
獲得した飯島選手は、休む間もなく日本の奈良で
開催されたアジア選手権大会に参加。

2日目に行われた、4km団体追抜競争は3位入賞。

3日目は、飯島、盛の2名がポイントレースに参加し、
飯島は盛のアシストに14位。
盛も、最後のゴールでまさかの逆転を許し2位。

4日目は、飯島、盛ペアーでマディソン決勝が行われ、結果は7位

詳しくはレースレポートで!

■結果 
●4km団体追抜競争
1位 中華人民共和国  4分20秒236
2位 イラン         4分20秒848
3位 日本         4分27秒599
4位 チャイニーズ・台北 4分28秒997

●ポイントレース 30km(1周333m×90周)
1位  チェルニソフ・イリア 23P
2位  盛 一大        22P
3位  シャエコフ・バディム 19P
14位 飯島誠

●マディソン 32km(1周333m×96周)
1位 香港チャイナ     20P
2位 ウズベキスタン    11P
3位 韓国          10P
7位 日本

<管理人>