contents

08/10/27

ジャパンカップオープン男子 優勝

10月25日(土) ジャパンカップオープン男子

若手の登竜門と言われるこの大会は、
U23の選手が活躍する場と考えて毎年参加させている。
今年は、アンカー所属の嶌田義明(19)昨年の覇者でもある
相川将と伊丹健治(20)の3名を参加させた。

レースは161人が出走。1周目に早くも集団は分裂。
嶌田を中心に積極的に攻撃を仕掛けるが、決定的な
逃げにならない。マークされるのは当たり前、
力勝負に持ち込むしかない所で、
伊丹が単独アタックに成功。

ラスト1周半からの独走は無謀と思えたが、
嶌田が後続集団をコントロール。
最後の登りで50秒の差で下りに突入。
上りも強いが、独走力もある伊丹は、
後続を振り切って独走でゴール。
今期初優勝となった。第2グループからは
U23タイムトライアルチャンピオンの意地を見せた
嶌田が集団を抜け出し2位でゴールした。

■結果 オープンレース 距離80.8km 出走161名 完走21名

1位 伊丹健治(ブリヂストン・エスポワール) 2時間9分16秒
2位 嶌田義明(ブリヂストンアンカー)       +15秒
3位 小野口健太(なるしまフレンド)         +20秒
4位 山根理史(コムレイド・ジャイアント)
5位 五十嵐丈士(ダイハツ・ボンシャンス飯田)
6位 大村寛(アクアタマ)

fujino

○ 20km以上独走してゴールする伊丹!

%E4%BC%8A%E4%B8%B9-s.jpg


○ 優勝した伊丹(中央)2位の嶌田(左)

DSC07113-s.JPG