contents

08/10/28

ジャパンカップ 結果

10月26日(日)ジャパンカップロードレース

距離151km 

今年からカテゴリーが上がり下記カテゴリー13チームが参加。
プロツアー 4チーム
プロコンチネンタル 1チーム
コンチネンタル 7チーム
ジャパンナショナルチーム 1チーム

ブリヂストンアンカーは3年振りにジャパンカップ参加となり
選手のモチベーションも上がり当日を迎えた。

レースはスタート直後のアタックでペースは一気に上がる。
この動きで柿沼、野寺(シマノ)福島晋一(梅丹GDR)の
3名が抜け出し、最大3分近く後続集団を引き離した。

快調に逃げる3名は、3周ごとに設定された山岳賞を
それぞれ3名が獲得して逃げ続けたが、ラスト4周目付近で
柿沼が力尽きて先頭から千切れてしまう。残る先頭の2名も
プロツアー4チームのアシストがペースアップして吸収されてしまう。

カウンターアタックで山本雅道が抜け出すが
これも吸収されてしまう。この直後の補給所で
飯島の前方の選手が突然斜行して接触した
飯島が落車してしまい、その場でリタイアとなる残念な
結果になった。その後更にペースアップした
古賀志林道登りで集団は分裂。第2グループで走っていた
福田も遅れてしまい、ゴールを迎えた。
この集団内でU23賞争いが残っていたので
福田は第3集団でスプリント。
集団の先頭でゴールして23位だった。

チームの作戦は、最初の逃げに送り込み山岳賞を
獲得と、U23の1位でゴールする事と、
UCIポイントが与えられる15位以内を目標に走ったが
この15位以内でゴールする事が出来なかったのは
残念だった。選手の走りは良く、大勢の観客に
応援して頂き走る選手にとっては最高のレース
だと思いました。

応援してくださったファンの皆さんの声援が力となりました。
本当に有難うございました。


■結果

1位  ダミアーノ・クネゴ   (ランプレ)       4時間4分57秒
2位  ジョヴァンニ・ビスコンティ (クイックステップ)  s.t.
3位  イヴァン・バッソ  (リクイガス)          s.t.
23位 福田真平 (ブリヂストンアンカー)       +4分44秒
43位 普久原奨 (ブリヂストンアンカー)       +4分55秒
51位 山本雅道 (ブリヂストンアンカー)       +11分24秒
DNF 飯島、柿沼 

1回目 山岳賞 柿沼章
U23賞  福田真平
敢闘賞 柿沼章


fuijino

○ 前日行われたチームプレゼンテーション
DSC07144-s.JPG


○チームカーのキャリアーは選手のスペアーバイクで満載
DSC07151-s.JPG


○ 山岳賞、敢闘賞の表彰を受けた柿沼選手(先頭)
DSC07168-s.JPG


○ジャパンカップ初参加の福田真平はU23賞を獲得
DSC07210-s.JPG


○ブリヂストンサイクル社内バスツアー参加者と記念撮影
%E9%9B%86%E5%90%88%E5%86%99%E7%9C%9F-s.jpg
     参加された皆さん、応援有難うございました