contents

09/03/08

ツール・ド・台湾 第1ステージ 結果

アンカーは、とにかく積極的に動きチャンスを狙った。
決定的な逃げは形成されず、少人数が後半40秒ほど
リードしたが、ゴール手前4周で吸収。大集団の
ゴールスプリントの体制になり、飯島、山本の2人は
ゴール800mを切った所で先頭をキープしたが、
3人目の選手がいなかったのと、中盤かなり
動いた山本が最後のスプリントの力を出し切れず
集団に囲まれ、最後はスプリント力のある、
ソウルシティーのPark Seon Hoが優勝。

各選手の動きは非常に良い感じなので、
明日も積極的に攻めるレースをします。

第1ステージ 高雄市クリテリウム 
距離:88km(2.2km×40周) 平均速度44.8km/h

1位  Park Seon Ho     Seoul Cycling Team 1:57:50
2位  西谷泰治        愛三工業レーシング s.t.
3位  Kazysztof Jezowski  Merida Europe Team
47位 飯島誠           ブリヂストンアンカー
52位 山本雅道         ブリヂストンアンカー  
71位 福田真平         ブリヂストンアンカー 
91位 嶌田義明         ブリヂストンアンカー 
93位 普久原奨         ブリヂストンアンカー

○ 積極的に動くアンカーのメンバー 
P1180110-s.JPG

○ 最終コーナーを曲がる大集団
P1180117-s.JPG

○ レース後は、広報車が先頭になり隊列を組んで移動
P1000334.JPG
繁華街を通過する隊列はとにかく目立っていました