contents

09/03/13

ツール・ド・台湾 第5ステージ 結果

第5ステージ 148km

新竹市をスタートして海岸線の片道7km程の国道を
往復9周回するフラットなコース。

前半8名の逃げに福田、嶌田が入り、3分近くまで
差が開いた。リーダーチームのドラパック・ポルシェが
集団をゆっくりなペースでコントロールしていたが、
展開に不利と感じたチームがペースアップして
8名は吸収されてしまう。

この直後、別府(愛三工業)が単独アタック。
しばらく独走していたところに、内間(日本代表)と
山本(アンカー)が追い付き3人で1分30秒まで差を
広げたが、この逃げもラスト1周で吸収されてしまう。

最後は福田をスプリントさせる作戦を組んだが
位置取りが上手くいかず、集団に埋もれてしまい
集団中盤でゴール。優勝は第1ステージも勝ている
韓国のPark seon hogが今大会2勝目のゴールとなった。

まだ荒削りの若手だが確実にレースに対応しているので
今後が楽しみだ!

■第5ステージ結果
1位  Park Seon Ho Seoul Cycling 3:29:23
2位 西谷泰治       愛三工業レーシング  s.t.
3位  Kazysztof Jezowski Merida Europe 
39位 福田真平 ブリヂストンアンカー
62位  嶌田義明      ブリヂストンアンカー
77位  普久原奨      ブリヂストンアンカー
78位  飯島誠        ブリヂストンアンカー
80位  山本雅道      ブリヂストンアンカー

○ 前半逃げに乗った福田、嶌田の若手メンバー
P1180259-s.JPG
写真左から、福田選手、嶌田選手

○ 後半逃げた山本選手
P1180270-s.JPG