contents

09/07/10

ツール・ド・マルティニック第6ステージ

連日炎天下と激しいアップダウンコースで各チーム疲労している。

第6ステージは飯島、普久原を含む有力20人程で逃げが決まりゴール手前15kmにある

真っ直ぐな急坂で集団は分裂。アシストしていた飯島も遅れ、

9人のメンバーに普久原が残りったが、ノーマークの選手が

単独で抜け出しそのままゴール。普久原は8位、最後に追い上げた飯島が10位。連日先頭でレースを展開している普久原が敢闘賞のマイヨ・シクラメンの

ムラサキジャージを獲得した。第6ステージ前夜には、滞在してるホテル近くに在住している、

日本人のTomokoさんより、嬉しいトンカツの差し入れを頂きパワーアップ!

残りのステージも頑張ります。