contents

09/07/13

ツール・ド・マルティニック第8ステージ

スタートアタックの6人に山本選手が反応して快調に逃げていたが、

後続から11人の追撃メンバーが追い付き逃げグループのリズミが崩れ、

先頭はバラバラになり山本選手は集団に吸収。逃げグループを吸収できずにゴール。

午後は個人タイムトライアルがあり、第8ステージ終了時点で、またまた敢闘賞ジャージを獲得した。

写真左から2番目が普久原。