contents

09/08/16

ミウット・ブルトン

第3ステージは5人の逃げが決まり6分まで差が開いた。1つ目の周回が終わり

2つ目の周回コースに入り先頭とのタイム差が縮まり、メイングループの動きが活発化。

チャンスを狙っていた普久原が追撃グループに乗り、2分程のタイム差を詰めて追い付き、

先頭は13人となり、ラスト2周回となった。

フランスのレースで優勝争いができる逃げに乗れた普久原は、必死に集団に食らいつき、

ゴール前の緩やか登りで先頭から少し離れてしまいタイム差を取られたが、

11秒遅れの11位でゴール!素晴らしい走りでチームメンバーも喜んだ。



今シーズン好調をキープした結果が今日の走りとなった。最終日も厳しい周回コースだが、この勢いで頑張ります。