contents

10/04/13

アジア自転車競技選手権

アジア自転車競技選手権
開催場所:UAEアラブ首長国連邦・シャルジャ
距離:148km

日本代表で参加したアジア選手権ロードレースが、昨日開催され
ブリヂストンアンカーから清水都貴が参加しました。

UAEは、強風と砂漠の砂嵐が選手を苦しめるフラットなコース。
2周目に逃げが決まり、日本代表の清水都貴、宮澤崇史、
イラン4人、カザフスタン3人の計9名の先頭グループが形成された。

第2グループは逃げ遅れた、香港、韓国、UAEがペースを上げるが、
タイム差は4分以上。6周回終了まで9名の先頭グループを形成していたが、
7周目に、ソハラビ(イラン)が単独アタック。1分ほどリードしたまま
独走でゴール。後続は8名のスプリントになり、清水が先行して
宮澤が集団のトップでゴールして2位の銀メダルを獲得。
清水も8位に入る大健闘の走りで日本チームの活躍に
貢献する走りができたと思います。

男子エリート個人ロードレース(145.8km)
1位 SOHRABI MEHDI    (イラン)      3:27:21
2位 宮澤 崇史       (TEAM-NIPPO)    3:28:47
3位 NATEGHI HOSSEIN   (イラン)    3:28:47
8位 清水 都貴  (ブリヂストン・アンカー)    3:28:53
26位 西谷 泰治  (愛三工業レーシングチーム) 3:46:37
27位 鈴木 真理  (シマノレーシング) 3:46:37