contents

10/08/13

パリ・コレーズ UCI 2-1

パリコレーズ(UCI 2-1)

清水都貴が2007年に総合優勝した大会。
参加チームは、プロツアー、プロコンチネンタルチームが参加。
アンカーは、飯島、狩野、普久原、都貴、伊丹、ヨハン、クリストファーの7名参加。

第1ステージは、206kmをオルレアン近郊からまっすぐ南下するラインレース。
前半は平坦区間では逃げは決まらず、後半70km過ぎた付近で
20名程が逃げ、後続は集団コントロールするチームで一定の速いペース。

ゴール手前40km付近から雨となり、気温は17~8度前後と寒く、
普久原が千切れまさかのリタイヤ。
清水都貴も寒さでエネルギー切れで集団から脱落。
飯島、伊丹、ヨハンがゴール手前の山岳ポイントで第3集団となり、
狩野、クリストファーが、第2グループに残り、トップから49秒遅れでゴール。

第2ステージは、50kmほどラインレースを走り1周10kmの周回を10周する
登りと下りのコース。

スタートから伊丹が単独アタックするが吸収され、これを切っ掛けに
18名ほどの逃げグループが形成、リーダーチームのコフィヂスが8人で
コントロール。この逃げは周回コースに入っても捕まらず、コフィヂスが
先頭を引き続けている。徐々にペースアップする集団から、都貴、飯島、
伊丹、ヨハンが千切れ、ラスト2周から更にペースが上がり
プロツアーの選手が千切れ出すが、狩野は登りで安全な位置をキープしながら
前方に上がっていける力を発揮、クリストファーも粘るが千切れ、
リーダーチームが先頭集団を捕まえて集団は最終ラップに入り狩野一人が残り、
そのまま集団でゴールすると思われたが、ラスト4kmの登りで力尽き
1分12秒遅れの61位でゴールする素晴らしい走りを見せてくれた。

総合成績

1位 BUFFAZ Mickael  (COF)    09h35'58''
2位 MEERSMAN Gianni (FDJ)  09h36'09'' 11''
3位 LE BON Johan (BSC)     09h36'19'' 21''

45位  狩野智也(ブリヂストンアンカー) 09h37'56'' 01'58''
72位  DE SOUZA Christopher(ブリヂストンアンカー) 09h48'44'' 12'46''
DNF 普久原、飯島、伊丹、清水、ヨアン

■ チーム紹介
DSCF2001-s.JPG

写真左から、飯島、狩野、普久原、清水都貴、クリストファー、伊丹、ヨアン

■第2ステージゴール付近
DSCF2068-s.JPG