contents

11/03/22

OFF ROAD CASSIS 2011

OFF ROAD CASSIS 2011

結果
1:Vuillermoz Alexis 2:35:57
2:Tempier Stephane 2:36:18
3:Marotte Maxime 2:36:46
4:Absalon Julien 2:38:39
5:Plantet Pierre-Geoffroy 2:42:05
6:Canal Fabien 2:42:25
7:Kohei Yamamoto 2:42:31


バイク:ANCHOR XIS9
コンポーネンツ:SHIMANO XTR
フォーク:SR SUNTOUR AXON  QLOC 100mm
ハンドル:OnebyESU
ステム:OnebyESU 
シートポスト:OnebyESU
サングラス:OAKLEY Radar
ヘルメット: Kabuto Redimos
インナー:CRAFT
インソール:ERGOMOTION 特注
サプリメン:SAVASレース中ボトル Savas Sports Water,
補給 Savas PIT INリキッド,レース後 Savas Power Amino2500 6粒

■今回のレースは、UCIレースではなく、家から30分くらいの所であったフランスの2011年開幕レースと言われているレースに参加してきました。フランスのMTBライダーは、皆参加していました。
スタートは11時。一周回53KMのレース。
1列目でのスタート。スタートは、最近かなり上手くいっている。
良いポジションでレースが進む。
スタートの勢いとポジション争いで何か少し後退していくが、まだまだ焦らずにレースを進める。
道が開けて先頭が、少しスピートを緩める時が必ずあるからだ。
ここが、XCOとXCMの違い。XCOなら周回するコース常に全開なのだが、
XCMになると展開は少し違うのだ。思った通りペースが緩み、うまく集団で走れている。
少し呼吸が荒い。身体が疲れていると感じる。
それは、開幕戦のWCの為に今週練習のボリュ-ムも強度も高かったからだ。
でも、今日は今日。レースはレース。
割り切っている。先頭集団の後ろで何とか耐えて進めるが、先頭6人が自然と前に行ってしまった。
本当は、前で走りたかったが、遅れてはしょうがない。
僕のほかに2人走っていく。ぼちぼちローテンションをしていき進めることが出来ている。
先頭集団も見えてレースを進めることが出来ている。
追い詰めたいが追い付かないもどかしさ。これがレース。
今日は、天候が曇り気味だった為、OAKLEYのレンズは、色がうすい物を選んで行った。
シングルトラックの登りや下りがこれでもか!と続くが
今回から投入したSRSUNTOURのNEWフォークが安定して動いてくれて転倒やトラブルが一切なく進む。
目の疲れもストレスも無いので集中してレースを進めることが出来て、うまくレースを進ませていく。
レースをして行く中で、練習の良いところを感じている。良し良し。
後半の展開は、3人パックで走っていたが、一人が前に行き、僕は少し遅れて、
ずっと耐えていた。自然とペースは落ちていない。ラストのラスト。
今まで前に行っていた選手が後ろから来る。何だ??と思うが、最後の最後。負けたくない。
ペースを上げるが身体が言う事を効かなくなっている。疲労している。
最後の登りでスプリントをするが負けた。
最後は悔しいが、7位でのゴール。

本当に練習の成果が出ているので、とてもうれしい。
そして、コーチとも話して、良い流れが出来ている。
このまま、しっかりと気持ちの入れた練習をしていき、日々を過ごして行こうと思います。

これから2週間にわたってポルトガルへ行ってきます。
こちらはUCIレース。しっかりと過して行き。良い流れでWC開幕戦に挑みます。

ありがとう。