contents

11/04/13

韓国、フィリピンのアジアツアーレースに参加します。

今週は、チームメンバー全員が韓国、フィリピンのアジアツアーに参加します。

4月13日、韓国に向けて出発した、狩野、普久原、伊丹の3選手は
ナショナルチームのメンバとして、ツール・ド・コリアに参加します。
レースは、9ステージ、1日休養日が設定され、総距離は約1400㎞。
昨年は、途中のステージで気温2~3度の中、
雨から雪に変わり、選手を苦しめた過酷な大会でした。
今年も気温が低いと言う情報なので、防寒具をしっかり用意して選手は出発しました。

また4月14日は、アンカーチームがツール・ド・フィリピンに向けて出発します。
韓国とは逆に、タイのレースと同様に暑さ対策が重要になります。
前回のタイは、レース中に1日600mlペットボトルが50本、
ザバススポーツウォーター入りのサイクルボトルが、
15本ほど消費するほど暑い状態でした。フィリピンのレースは4ステージですが、
最終ステージに、標高1400m地点の山頂ゴールが設定され、
ゴールするまで総合の行方が分からないレースになりそうです。

■ツール・ド・フィリピン参加メンバー
大会期間:4月16~19日
山本雅道
清水都貴
井上和郎
清水良行
金子友也

■ツール・ド・コリア参加メンバー(ナショナルチーム)
大会期間:4月15~4月24日
狩野智也(ブリヂストンアンカー)
普久原奨(ブリヂストンアンカー)
伊丹健治(ブリヂストンアンカー)
吉田隼人(鹿屋体育大学)
■大会公式サイト
http://www.tourdekorea.or.kr/