contents

11/04/30

鹿屋合宿5日目

鹿屋合宿も5日目となり、午前中はアゼルバイジャンツアーの、
ステージ途中に設定されている、距離50kmのチームタイムトライアルに
向けての練習を1時間行い、午後は低酸素室の高所順応トレーニングを
行い、初日行った標高2500m設定から徐々に高くなり、今日は4000mの
標高と同じ酸素濃度に設定。

安静にしていても息苦しく感じる状態で、部屋の中に置かれた、
エルゴマシンを漕いだり、ランニングマシーンで軽い運動をするだけでも、
息が苦しくなり、グッタリな状態になってしまいます。

明日からは、低酸素室での宿泊を行い、さらに高所に順応する
プログラムとなります。

■宿泊は「国立大隅青少年自然の家」です!
%E7%B7%B4%E7%BF%92%E5%89%8D.JPG

■今年から、ウエイブワンのロードジャージには、選手の個人名が入りました!
%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%BC.JPG
こちらのウエアーは、新素材で大人気のレジェフィットです!

■根占から伊座敷付近でチームタイムトライアル練習
%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0TT.JPG

■標高4000mに設定された低酸素室でマッサージする、伊丹選手と安見マッサージャー
%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%B8.JPG

■ロード練習後、毎日2時間ほど低酸素室に入る選手。
%E4%BD%8E%E9%85%B8%E7%B4%A0%E5%AE%A4.JPG