contents

11/06/07

JBCF 西日本ロードクラッシック 広島大会

大会名:西日本ロードクラッシック広島大会
開催日:2011年6月5日(日)
開催地:広島県森林公園サイクリングコース
距離:123km(12.3km×10周)
出走:104名
完走:28名
メンバー:山本、普久原、井上、清水良行、伊丹、金子

昨年も全日本選手権で使用されているテクニカルなコース。
今年は岩手にコースが変更されたが、例年通り主力チームが揃う
大会となった。

心配された天候も晴れとなり、ハイペースのレース展開が予想される。
スタートして1周目のホームストレッチに普久原が3人で逃げ、
アタックした鈴木真理に山本が反応して5名の逃げグループが
形成されようとしていたが、後続はこれを見逃さず逃げは吸収されてしまう。

激しいアタックが繰り返され、決定的な逃げとはならず、
速いペースで進むメイン集団から徐々に人数が減っていくサバイバルな展開となり、
6周から7周目にかけて集団は一気に絞られ、先頭グループは20名弱となり、
アンカーは井上、普久原、清水良行が残り、金子、伊丹が後続のグループとなった。

この絞られた先頭グループから、
井上(アンカー)畑中、鈴木真理、西薗、青柳(シマノ)
ガローファロ(マトリックス)増田(ブリッツェン)
西谷(愛三工業)福島(ボンシャンス飯田)
9名の各チーム主力メンバーの逃げが決まり、
後続との差を1分近く引き離した。

9周目には、先頭9名が分裂して、先頭6名から遅れた井上、福島が追いかける
苦しい展開となりラスト1周を迎えた。

普久原、清水良行は井上の後方14名の集団でラスト周回に突入。

4人を送り込み人数でも有利となったシマノは、畑中、西薗が5名から
アタックして抜け出し、畑中、西薗はそれぞれ単独で逃げ切ってゴール。
井上は福島と前を追いかけるが、ゴール前に後続14名の集団に吸収されてしまいゴール。

チームとしては残念な結果に終わるが、全日本に向けて各自の調整をしっかり行い、
チーム一丸となって全日本ロードに挑みます。
これからも応援よろしくお願い致します。

■結果
1位 畑中勇介  シマノレーシング    3時間1分1秒
2位 西薗良太  シマノレーシング     +6秒
3位 増田成幸  宇都宮ブリッシェン    +31秒
15位 普久原奨 ブリヂストンアンカー    +1分13秒
17位 清水良行 ブリヂストンアンカー    +1分18秒
18位 井上和郎 ブリヂストンアンカー    +1分21秒
27位 伊丹健治 ブリヂストンアンカー    +14分13秒
DNF 金子友也、山本雅道

■普久原選手
%E6%99%AE%E4%B9%85%E5%8E%9F%E3%80%80%E8%A5%BF%E5%AE%9F-s.JPG

■井上選手、清水良行選手
%E4%BA%95%E4%B8%8A%E3%80%81%E8%89%AF%E8%A1%8C%E3%80%80%E8%A5%BF%E5%AE%9F-s.JPG

■ゴール直前
%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB-%E8%A5%BF%E5%AE%9Fs.JPG