contents

11/06/15

山本幸平アジア選手権大会優勝!

アジア選手権大会

・6月12日(日)、11時30分スタート、4周回、中国:蘇州(太湖付近)

結果:優勝

1 Kohei YAMAMOTO JPN 26 1:34:10 200 200
2 Seiya HIRANO JPN 24 1:37:47 150 150
3 Tong WEISONG CHN 23 1:40:16 120 120
4 Zhiqiang DUAN CHN 26 1:41:57 100 100
5 Chun Hing CHAN HKG 30 1:42:30 95 95
6 Parviz MARDANI IRI 29 1:43:40 90 90
7 Kazuhiro YAMAMOTO JPN 29 1:44:46 85 85


バイク:ANCHOR XIS9
コンポーネンツ:SHIMANO XTR
フォーク:SR SUNTOUR AXON 100mmストローク QLOC150mm
ハンドル:OnebyESU
ステム:OnebyESU 
シートポスト:OnebyESU
サングラス:OAKLEY Radar
レンズ:OAKLEY Photochromic
ヘルメット: Kabuto Redimos
ウエア:Wave One
インナー:CRAFT
インソール:ERGOMOTION 友永さん特注
サプリメン:SAVASレース中ボトル Savas Sports Water,
補給 Savas PIT INリキッド,レース後 Savas Power Amino2500 6粒

■今回は、4年前の北京オリンピック;アジア枠の出場資格を掛けたレースと同じ会場で行われた。
コースは、4年前と同じ様な感じではあったが、僕自身の成長と経験が生きているお陰か、
コース自体で気になるところは無くなっていた。
唯一の強敵は、暑さと湿度だった。木曜日の試走時は、黄砂の影響で薄暗い空気だが蒸し暑くて、
体感温度では40度はあるだろう。試走するだけで体力を奪われ、身体が疲労感を感じる。
しかし、このイメージも4年前の経験があるから初めから対応出来ている。
ホテルではエアコンがあり、すぐに身体を涼ませる事が出来てかなり助かった。
木曜日に身体を疲労させて、あとの2日間はゆっくりと焦らずにレースまでのエネルギーとイメージ作りに時間を費やした。
もう、何も恐れる必要はないと言い聞かせていた。昨年のアジア大会で屈辱の2位。
11月後半にあったレースとは言いつつも、やはりアジアでは1番で無ければ
世界とは戦えないと僕自身想っているから、この半年は、どこかモヤモヤ感があった。
ここで、本当の強さを見せてやろう!と心で何度も言い聞かせてレース待った。
金曜日から降り続いた雨の影響で木曜日とは姿を変えたコースがあった。
レース当日、雨は降っておらず、湿度も日本よりは高いが、参る程では無かった。
先頭に並び、早くスタートしたくてどうしようもなかった。
もう、力を見せつけたかった気持ちで一杯だった。
スタート音とともに身体が動く。50Mくらいだろうか、横にいたイラン人が元気だったが、
初めのシングルトラックの入り口ではしっかりと先頭に立ち焦らずに展開して行った。
今回は調整も上手くいっていたので自分の普段の走りをしたら一人になるだろうと思っていたが、
スタートして早々になるとは思っていなかった。しかし、焦る必要はなくただ気持ちを前に、
そして勝ちだけを求めて走って行った。
誰も付いてきていないのを感じる、オーバーヒートしない様な走りでレースを進めて行った。
試走時に感じたコースの状況をイメージトレーニングした走りと照らし合わせながら進んでいった。
イメージした走りをクリアして行く事に徹底して進む。1周目を終えて後ろと20秒と聞いた。
気持ちはパワーで満ちている。イメージした通りに走り続ける。
2周目。後ろとは2分以上と伝えられた、しかも日本チームの平野星矢が単独と聞いて、嬉しくなった。
もう、半分が過ぎた。3周目は、無駄をなくそうと思い、ワールドカップで感じた走り方を試してみた。
良い感じだ、スピードが一定の走りを上手く出来ている。
ラスト周回。後ろとは差が開いたみたいだ。あと僕に出来る事は、無事にゴールラインを通過するのみ。
パンクのリスクを避けて無難に走って行った。勝ちたいと言う気持ちが湧いてくる。
今年は、前週の日本のレースでは優勝していたが、大きなレースでは久しぶりの優勝だった。
最後の最後まで気が抜けずに、優勝したとは思わない様に走っていたが、
ゴールを通過した時の監督とマッサーに最高の笑顔で迎えられて抱き合った時に、あー勝った!!と心から想えた。
日本チームに優勝、日の丸を掲げる事が出来て最高の瞬間だった。
コーチともメカニックともチームメイトとも喜びを分かち会えた嬉しい勝利だ!!

今回のレースで、2012年ロンドンオリンピックの日本男子出場枠を1枠獲得いたしました。この勝利で弾みを付けて、さらなる成長を致します。

ありがとう。