contents

11/08/12

ツール・ド・グアドループ 第6ステージ 結果

8月11日 第6ステージ  160km

2日間の難関山岳ステージを何とか乗り切り、フラット基調の162㎞の第6ステージ。
山岳で失ったタイムの挽回と、ステージ優勝、そして中間ポイント賞5位まで上がってきた
井上のポイント賞獲得を目標にスタート。
スタートから金子、平井が頻繁に逃げに乗り、前半の動きを作る。

そのあと狩野、井上を含む11名が抜け出しに成功し、40㎞~90㎞まで約1時間にわたり
井上とカザフスタン2名がさらに逃げグループから抜け出して先行した。
しかし相手はカザフスタンのポイント賞現在3位の選手。

なかなか思うようにポイントを稼ぐことができない。
しかし、100㎞地点では狩野の逃げとメイン集団の差は4分30秒まで広がり
一気に総合8位までのジャンプアップの可能性が出てきた。
同時にカザフ、アメリカは各1名のみ逃げに乗せていたため、
チーム総合の逆転の可能性もみえてきた。

ゴール前約45㎞の登りでアタックし、ゴール前約25㎞の登りでもアタックすることを
井上、狩野に伝えると、11人から4名の抜け出しに成功し、そこに井上と狩野が入る絶好の展開に。

しかし145㎞地点からゴールまでは長い下り基調で後続にとらえられる。
ラスト23㎞から先頭集団を井上がすべて引き倒し、狩野の総合ジャンプアップを狙って
驚異的な牽引を見せる。
だがメイングループも最後の峠でアタックがあり、一気にタイム差を詰め、
ゴールでのタイム差は2分まで詰められた。

総合のジャンプアップを目指した走りをした2人は10位と11位でゴール。
タイム差は2分まで詰められたため、8位までのジャンプアップはかなわなかったが、
現在狩野は総合13位、チーム総合4位、井上はポイント賞4位まで上がってきた。
残るは4ステージ。
明日もフラットステージだが明後日には平均勾配11%、最大17%の
超難関ヒルクライムTTが残っている。
全選手疲労は濃いがすべてのステージで先頭グループで展開してきた成果を
結果として残してゆきたい。

■結果
1位 L A N C L U M E  J u l e s  J e u n e s s e C y c l i s t e   3:58:19
2位 CU R IER  O liv ie r  Clu b R é g io n G u a d e lo u p e   s.t.
3位 S IP EK Y  Jan  Eq u ip e N a t io n a le S lo v a q u ie      
10位 狩野智也 T e a m  Br id g e s t o n e  An c h o r    
11位 井上和郎 T e a m  Br id g e s t o n e  An c h o r   +41秒
7位 清水良行 T e a m  Br id g e s t o n e  An c h o r     +4分20秒
103位  平井栄一 T e a m  Br id g e s t o n e  An c h o r  +4分47秒
104位 金子友也 T e a m  Br id g e s t o n e  An c h o r    s.t.
107 位 普久原奨 T e a m  Br id g e s t o n e  An c h o r   s.t.

第6ステージ終了時の個人総合順位
1位 C A R E N E  B o r i s   G w a d a B i k e r s 118    23:42:26
2位   S Y S  K la a s  V é lo c e Clu b  R o u e n 76     +1分0 1秒
3位   U BET O  M ig u e l  G w a d a Bik e r s 118       +5分49秒
13位  狩野智也 T e a m  Br id g e s t o n e  An c h o r    +9分38秒
18位  井上和郎 T e a m  Br id g e s t o n e  An c h o r    +15分12秒
27位  普久原奨 T e a m  Br id g e s t o n e  An c h o r    +22分31秒
42位  清水良行  T e a m  Br id g e s t o n e  An c h o r    +39分45秒
87位  金子友也 T e a m  Br id g e s t o n e  An c h o r    +1時間20分20秒
117位  平井栄一 T e a m  Br id g e s t o n e  An c h o r    +1時間47分01秒

チーム総合成績
1位 G w a d a B i k e r s 1 1 8 (G u a d e l o u p e )  71:17:13
2位 K a z a k h s t a n (K a z a k h s t a n )    +11分36秒
3位 U S A U 23 N a t io n a l T e a m (Et a t s U n is ) +18分59秒
4位 T e a m Br id g e s t o n e An c h o r (J a p o n )  +28分59秒
5位 J e u n e s s e C y c lis t e Ab y m e s (G u a d e lo u p e )  +32分47秒
6位 G ile t t e Fu s io n U V N (G u a d e lo u p e )  +43分01秒

■総合13位の狩野選手
%E7%B7%8F%E5%90%8814%E4%BD%8D%E7%8B%A9%E9%87%8E

■連日献身的なアシストでチームを支える清水良行選手
%E8%A3%9C%E7%B5%A6%E3%81%8C%E3%82%82%E3%82%89%E3%81%88%E3%81%9A%E8%8B%A6%E3%81%97%E3%82%93%E3%81%A0%E8%89%AF%E8%A1%8C

■カザフと2人で抜け出す井上選手
%E3%82%AB%E3%82%B6%E3%83%95%E3%81%A82%E4%BA%BA%E3%81%A7%E6%8A%9C%E3%81%91%E3%81%A0%E3%81%99%E4%BA%95%E4%B8%8A
■今日一番強かった井上選手
%E4%BB%8A%E6%97%A5%E3%81%AF%E4%B8%80%E7%95%AA%E5%BC%B7%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E5%92%8C%E9%83%8E

■先頭集団は、ラスト25kmを狩野、井上が2人で引き続けた強烈な走りをみせた!
%E4%BA%95%E4%B8%8A%E3%80%81%E7%8B%A9%E9%87%8E%E3%81%8C%E5%85%88%E9%A0%AD%E3%82%92%E5%BC%95%E3%81%8D%E7%B6%9A%E3%81%91%E3%82%8B

■ゴール後の、久保コーチと井上選手、狩野選手

%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%BE%8C%E4%BA%95%E4%B8%8A%E3%80%81%E7%8B%A9%E9%87%8E%E3%80%81%E4%B9%85%E4%BF%9D