contents

11/09/17

ツールド北海道 9月16日 第1ステージ

 第25回を迎えるツールド北海道は、9月16日に帯広市をスタートし19日に札幌にゴールする全4ステージ580kmで競われるUCI(2-2)の国際レースです。日本での3大ステージレース(ツアーオブジャパン、ツールド熊野、ツールド北海道)の中でも重要なレースの1つに挙げられる大会です。
 昨年、清水都貴選手が個人総合優勝を果たした大会であり、本年度も優勝が期待されています。チームは昨年に引き続き個人総合優勝を目指します。

ツールド北海道オフィシャルHP

2011年9月16日(金) TOUR DE HOKKAIDO(UCI2-2)第1ステージ
北海道 帯広市-標茶町 198Km 晴れ
清水都貴選手、狩野智也選手、普久原奨選手、清水良行選手、井上和郎選手

■清水都貴選手
%EF%BC%91%E9%83%BD%E8%B2%B4-s.JPG

■狩野智也選手
%EF%BC%92%E3%80%80%E7%8B%A9%E9%87%8E-s.JPG

■普久原奨選手
3%E3%80%80%E6%99%AE%E4%B9%85%E5%8E%9F-s.JPG

■清水良行選手
%EF%BC%94%E3%80%80%E8%89%AF%E8%A1%8C-s.JPG

■井上和郎選手
5%E3%80%80%E4%BA%95%E4%B8%8A-s.JPG

スタート前テレビ取材を受ける清水都貴選手
IMG_5100.JPG


 第1ステージは後半に山岳を越え、ゴール手前3kmは丘を登る198kmのコース設定。4ステージ中、唯一の登りゴールです。後半の山岳と丘ゴールが勝負の鍵を握り、総合優勝に大きく関わる事が予想されます。
 
 レースは中盤100km地点を過ぎ、ダンジェロ&アンテヌッチイ-NIPPOのルビアーノ選手と韓国のジャン選手2名が集団に最大約3分半を付けます。後半の山岳の頂上に向けて、シマノとアンカーチームがメインで集団を引く展開。清水(都)選手と清水(良)選手がローテーションに加わりタイム差を縮め、普久原選手、井上選手、狩野選手が先頭グループで山岳の頂上を越えました。ゴールの丘ではシマノの西薗選手と畑中選手が1.2フィニッス。普久原選手、井上選手はやや遅れて8位、9位でのゴールとなりました。

ゴール後の選手達
IMG_5106.JPG


1位 西薗良太 SHIMANO +0'00"
2位 畑中勇介 SHIMANO +0'00"
3位 ジャン キュング 韓国 +0'05"
4位 鈴木 譲 SHIMANO+ 0'11"
5位 カンパニャーロ シモーネ NIPPO + 0'14"
6位 ルビアーノ チャヴェス ミゲール アンジェル NIPPO +0'16"
7位 佐野 淳哉 NIPPO +0'39"
8位 普久原 奨 ANCHOR +0'58"
9位 井上 和郎 ANCHOR +1'14"
10位 黒枝 士揮 鹿屋体育大学 +1'14"
11位 狩野 智也 ANCHOR +2'38"

31位 清水 良行 ANCHOR +4'19"
52位 清水 都貴 ANCHOR +14'18"