contents

11/10/18

JBCF 輪島大会 結果  Jプロツアー最終戦

大会名:第4回 禅の里ロードレースin輪島 JBCFロードレース
開催日:2011年10月16日(日)
開催場所:石川県輪島市門前町周辺道路(1周/12.6km)
参加選手
アンカー:狩野、普久原、井上、清水(都)清水(良)伊丹、金子
エスポワール:嶌田、平井、寺崎、椿、秋丸、清水(太)六峰、池部

今年で4回目を迎えた、禅の里ロードレースは、石川県輪島市門前町で開催される
一般公道を利用した、変化に富んだ厳しいレイアウトのコースを走ります。

この輪島大会は、Jプロツアー最終戦となり、総合上位選手の争いが激しくなると
予想される。今年のアンカーチームは、海外遠征とJプロツアー大会が
重なる事が多く、総合上位に食い込んでいないが、最終戦を優勝で飾れるように
各選手の意気込みを感じる。また、海外クラブチーム活動を行い帰国した、
エスポワールのメンバー全員も参戦。

レースは、現在の個人総合1位の増田成幸(宇都宮ブリッツェン)と、
2位の畑中勇介(シマノレーシング)の動きがレース展開に大きく影響すると思われる。

レースは序盤から、普久原(アンカー)のアタックに、池部(エスポワール)、
青柳、阿部(シマノレーシング)小坂(宇都宮リッツェン)小畑(なるしまフレンド)の
7名が合流して40秒ほどリードして2周目の登りに突入。
この登りで、3名が脱落して普久原、池部、青柳、阿部の4名が逃げる展開となったが、総合の畑中が後続集団に残っている事でシマノ2名は待機で、普久原、池部が先頭交代を繰り返した。

第2グループはシマノレーシングがペースを作り2周目を通過したが、
下り坂で、総合1位の増田選手が落車して、その場でリタイアするアクシデントが発生。

総合2位の畑中は上位でゴールすれば逆転の展開となり、第2集団をコントロールする
シマノは待機の状態となり集団はペースダウンして、先頭の差は3分ほどタイム差が開いた。

先頭の4名は変わらず、普久原を中心に池部と2人で交代している状況のなか、
ラスト2周の登りで、狩野、清水都貴(アンカー)畑中、鈴木譲(シマノ)の4人が
抜け出し追撃を開始。20秒ほど遅れて井上(アンカー)マリウス(マトリックス)の2名が4名を追う展開。しかし4名はハイペースで先頭を追いかけ、一気にタイム差を縮め、ラスト周回の登りで、先頭4名に追い付き、8名の先頭グループとなるが、
序盤から逃げ続けた池部が脱落。
畑中、阿部(シマノ)がアタックを開始して2名が抜け出し、
これを狩野選手が追走する形となり、抜け出したシマノ2名はそのまま逃げ切り、
阿部が優勝。
ポイント争いは、畑中選手が逆転して、年間総合1位を獲得。

序盤から動いた普久原、池部の積極的な走りと、後半追い上げた狩野、都貴、井上の走りをサポートした良行、金子など、メンバー全員の調子が上がっている。
遠征から帰国したエスポワールのメンバー池部の力強い走りにも注目された。
エスポワールは、ジャパンカップオープンレースが公式戦としては、
最終レースとなるので、力を発揮出来なかった選手達も、
今週末に素晴らしい走りを期待しています!

Jプロツアー輪島大会 距離88km
■結果 
1位  阿部崇之  シマノレーシング
2位  畑中勇介  シマノレーシング
3位  狩野智也  ブリヂストンアンカー
4位  鈴木譲   シマノレーシング
5位  普久原奨  ブリヂストンアンカー
6位  青柳憲輝  シマノレーシング
7位  池部壮太  エスポワール・ブリヂストン
9位  清水都貴  ブリヂストンアンカー
11位 井上和郎  ブリヂストンアンカー
15位 清水良行  ブリヂストンアンカー
22位 金子友也  ブリヂストンアンカー
28位 秋丸湧哉  エスポワール・ブリヂストン
36位 清水太己  エスポワール・ブリヂストン

■3位でゴールした狩野智也選手
%E7%8B%A9%E9%87%8E%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB-s.JPG
5位でゴールした普久原奨選手
%E3%81%B5%E3%81%8F%E3%81%AF%E3%82%89%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB-s.JPG
■7位でゴールしたエスポワールの池部壮太選手(中央)
%E6%B1%A0%E8%BE%BA%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB-s.JPG

■Jプロツアー表彰式
JPT%E8%A1%A8%E5%BD%B0.jpg
上段左から、2位畑中、1位阿部、3位狩野
下段左から、4位鈴木、5位普久原、6位青柳

■山岳賞表彰
photo:http://www.cyclowired.jp/
%E8%BC%AA%E5%B3%B6%E5%B1%B1%E5%B2%B3.jpg
写真左から、増田選手1回獲得、普久原選手2回獲得、池部選手3回獲得、狩野選手1回獲得