contents

11/11/18

ツール・ド・沖縄 第2ステージ 結果

第2ステージは、まだ薄暗い早朝6:45分に名護市内の中心地となる
名護十字路をスタート。
2.8kmのパレード走行を終え本部半島に差し掛かった頃には、
各チームの激しいアタックとなり大集団のまま走行するが、

半島を半分過ぎたところで、沖縄のレースを最後に引退する、
村上(シマノ)と加地(なるしま)が飛び出し、集団との差も一気に開き、
途中千切れた加地からは、村上が独走となり2回目の普久川ダムも越え
山岳ポイント賞を獲得。後続は、リーダーチームのドラパック、愛三工業が
ペースを作り攻撃のタイミングを各チームが狙っている状況。

さらに逃げ続ける村上に、真鍋、山下(マトリックス)の2名がアタックを開始。
1分30秒ほどリードするが、後続もペースが上がり、
150km近く逃げ続けた村上は後続に吸収されてしまう。

東村を通過した集団は、本格的にアップダウンが続く
コースに差し掛かるところで、集団が活性化して一気にペースアップ。

ここまでリーダーチームが集団をコントロールしてきたが、
リーダーのパルマが遅れ、先頭も人数が絞られた。最後の勝負所となる
羽地ダムの登り口から、清水都貴が強烈なアタックで集団から抜け出し、
これに佐野淳哉(ダンジェロ・ニッポ)の追走に井上和郎が追い付き、
佐野は清水を追いかけるが届かず集団に後退。

清水はそのままゴールまで行ける力は十分あたったと話すが、
後続の有力メンバーがこれを必死に追いかけ清水は吸収されてしまう。
近年の沖縄のレースでは珍しく58号線の平坦区間入っても20名ほどの
大集団となっていた。

アンカーは、ここからも攻撃を緩めることなく、狩野、井上、普久原、清水良行の4名が交互に攻撃を仕掛けるが、集団が簡単には逃がしてくれるはずもなく、
名護市内に向かうラスト2kmの左折交差点を通過。
20名ほどの大集団スプリントになり清水都貴、井上和郎が好位置をキープしたが
僅かに届かず集団に飲み込まれ、井上和郎の6位が最高位となった。
ステージ優勝は畑中(シマノ)がスプリントを制した。
総合優勝は、個人タイムトライアルでも好タイムを出した、
盛(愛三工業が)を獲得した。

今シーズンチームとして最終レースとなった沖縄に向けて
万全の態勢で挑み、最終局面の勝負所まで5名の選手を残し
総攻撃を仕掛け各選手力を出し切った走りをした。

今年1年ブリヂストンアンカーに、沢山のご声援を頂きありがとうございました。
これからも皆さんの応援、ご声援お待ちしています!

ツール・ド・沖縄 第2ステージ 距離 210㎞
■結果
1位   畑中勇介    シマノレーシング     5時間30分58秒
2位   鈴木真理    シマノレーシング      s.t.
3位   マリウス・ヴィズィアック マトリックス   
6位   清水都貴    ブリヂストンアンカー  
9位   井上和郎    ブリヂストンアンカー
11位  普久原奨     ブリヂストンアンカー
15位  狩野智也     ブリヂストンアンカー   +20秒
26位  清水良行     ブリヂストンアンカー   +1分52秒

■個人総合成績
1位   盛 一大    愛三工業          5時間33分10秒
2位   西谷泰治    愛三工業          +2秒
3位   佐野淳哉    ダンジェロ・ニッポ     
9位   普久原奨    ブリヂストンアンカー    +7秒
11位  清水都貴     ブリヂストンアンカー    +9秒
13秒  井上和郎     ブリヂストンアンカー    
15位  狩野智也     ブリヂストンアンカー    +33秒
24位  清水良行     ブリヂストンアンカー   +1分56秒

■チーム総合成績
1位  愛三工業レーシング    16時間39分37秒
2位  ブリヂストンアンカー     +13秒
3位  ダンジェロ・ニッポ      +30秒