contents

12/02/08

Tour of Qatar ( UCI 2.HC ) 2/7 第3ステージ

Tour of Qatar ( UCI 2.HC ) 第3ステージ
2月7日(火)第3ステージ 146.5km ( Dukhan - Al Gharafa Stadium )
大会の詳細はこちら

ディレクター  :久保信人
ライダー    :井上和郎、清水都貴、西薗良太、吉田隼人、
         LEBAS Thomas、SYS Klaas、Lemair Alexandre、SONNERY Blaise
メカニック   :Yamn David、Grux Erwan
マッサージャー :Fleury Jaques、Bizet Alain
ドクター    :内田彰子
フォトグラファー:大前稔
マネージャー  :田代恭崇

中東Qatarで開催される、UCI(国際自転車競技連盟)アジアツアー6日間のステージレース。BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAMが出場できる最高カテゴリーのHC。コースは砂漠の平坦で風が非常に強く、スプリンター向きのコース設定。プロツアーのRABOBANK, SKY, BMC, OMEGA-PHARMA-QUICK-STEP, RADIOSHACK-NISSAN, LIQUIGAS-CANNONDALE, GARMIN-CERVELO, KATUSHA, GREENEDGE, FDJ-BIGMAT, LOTTO-BELISOL, プロコンチのPROJECT 1T4i, FARNESE VINI-SELLE ITALIA, アジアチームとしてCHAMPION SYSTEM, RTS, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM の計16チーム128選手が参加する。2012シーズン初レースが最高カテゴリーで期待と不安が入り交じるが、世界に挑戦するチームの幕開けを飾るレースです。

2月7日(火)
第3ステージはDukhanからAl Gharafa Stadiumまでの146.5kmのロードレース。
11時30分、ドーハから車で移動する事1時間、ドーハと反対側の西海岸のスタート地点Dukhanに到着。今日も25℃ぐらいで風も弱く天候は穏やか。会場でスタート前のミーティングでは、フランス監督のDENISも交えて行いました。世界トップレベルのチームとは差があるにせよプロである自分達のできることをレースでしっかり行い、今後に活動に繋げること。
具体的には後半勝負は非常に難しいので前半の逃げに誰かしら乗ること、そしてチームとしてまとまって走る事を確認。そして最後に「自分達も同じプロであり、世界のトッププロに対して臆するな」等、意思統一を図りました。

12時30分 Dukhanをスタート。
海岸線を南下するファーストアタック4人にAlexandreが乗り、集団に約5分の差をつけて先行します。順調に逃げ続け、84km地点の補給所も通過。2回目のスプリントポイント104km地点では約2分。その後、横風区間に入った集団はスピードアップし瞬時に集団が分裂しました。
Alexandre選手を含む先頭逃げグループに約40人が合流。約50秒後ろの大集団にThomasと清水選手。10人程が遅れるグループに西薗選手と落車したBlaise選手。その後ろの数人にKlaas、井上、吉田選手の状況で残りは約30km。先頭グループの約40人が逃げ切り、優勝はSKY PROCYCLINGのCAVENDISH選手、Alexandre選手は29位でゴール。遅れた選手も約10分後にはゴールしました。
Alexandre選手が逃げた事で、チームは集団内でまとまって走れ、チームとして認められつつあるようです。チームとしてしっかり存在をアピールでき、遅れた選手達も日々感触を掴かんでいるようでした。

明日の第4ステージはAl ThankhiraからMadinat Al Shamalまでの144km。横風区間が多く、前半から動きが激しくなる予想ですが、チームは毎日が挑戦です。

2.7.no1.jpg
スタート前、ミーティングに加わるDENIS監督(今回はASOスタッフ)

2.7.no3.jpg
adidasのサングラスはチームスペシャルカラーモデル

2.7.no2.jpg
ステムには風の向きを確認する為の曲がる方向→を記載

2.7.no4.jpg
清水選手はSAVASのピットインリキッドをボトルに入れて水で割ります。

2.7.no5.jpg
スタート地点SKY PROCYCLINGの選手の後ろにAlexandre選手

2.7.no6.jpg
補給所でSAVASスポーツウォーターを準備するマッサーのJaquesとAlain

2.7.no7.jpg
補給所を通過するAlexandre選手

2.7.no8.jpg
ゴール後久保監督と話すAlexandre選手

第3ステージリザルト
1位 CAVENDISH Mark SKY PROCYCLING
2位 BOONEN Tom OMEGA PHARMA-QUICK STEP + 00' 00"
3位 KRUOPIS Aidis GREENEDGE CYCLING TEAM + 00' 00"
4位 RENSHAW Mark RABOBANK CYCLING TEAM + 00' 00"
5位 DEGENKOLB John PROJECT 1T4I + 00' 00"
6位 FARRAR Tyler GARMIN – CERVELO + 00' 00"
7位 SELIG Rüdiger KATUSHA TEAM + 00' 00"
8位 BOUCHER David FDJ-BIGMAT + 00' 00"
9位 WAGNER Robert RADIOSHACK-NISSAN + 00' 00"
10位 KUCHYNSKI Aliaksandr KATUSHA TEAM + 00' 00"

29位 Lemair Alexandre BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 10"
54位 清水都貴 BRIDGESTONE ANCHOR + 01' 29"
86位 LEBAS Thomas BRIDGESTONE ANCHOR + 01' 29"
111位 SONNERY Blaise BRIDGESTONE ANCHOR + 10' 57"
116位 西薗良太 BRIDGESTONE ANCHOR + 10' 57"
117位 SYS Klaas BRIDGESTONE ANCHOR + 12' 15"
119位 吉田隼人 BRIDGESTONE ANCHOR + 12' 15"
120位 井上和郎 BRIDGESTONE ANCHOR + 12' 15"

総合成績
1位 BOONEN Tom OMEGA PHARMA-QUICK STEP
2位 FARRAR Tyler GARMIN – CERVELO + 00' 06"
3位 CAVENDISH Mark SKY PROCYCLING + 00' 08"
4位 VAN SUMMEREN Johan GARMIN – CERVELO + 00' 12"
5位 DEKKER Thomas GARMIN – CERVELO + 00' 12"
6位 HUNTER Robert GARMIN – CERVELO + 00' 12"
7位 IGNATYEV Mikhail KATUSHA TEAM + 00' 17"
8位 EISEL Bernhard SKY PROCYCLING + 00' 18"
9位 SELIG Rüdiger KATUSHA TEAM + 00' 18"
10位 BLYTHE Adam BMC RACING TEAM + 00' 19"

35位 Lemair Alexandre BRIDGESTONE ANCHOR + 01' 29"
91位 清水都貴 BRIDGESTONE ANCHOR + 02' 49"
92位 LEBAS Thomas BRIDGESTONE ANCHOR + 02' 49"
111位 SONNERY Blaise BRIDGESTONE ANCHOR + 12' 17"
116位 井上和郎 BRIDGESTONE ANCHOR + 13' 35"
117位 吉田隼人 BRIDGESTONE ANCHOR + 14' 06"
118位 SYS Klaas BRIDGESTONE ANCHOR + 14' 12"
120位 西薗良太 BRIDGESTONE ANCHOR + 15' 11"