contents

12/02/10

Tour of Qatar ( UCI 2.HC ) 2/9 第5ステージ

Tour of Qatar ( UCI 2.HC ) 第5ステージ
2月9日(木)第5ステージ 160km ( CAMEL RACE TRACK – AL KHOR CORNICHE )
大会の詳細はこちら

ディレクター  :久保信人
ライダー    :井上和郎、清水都貴、西薗良太、吉田隼人、
         LEBAS Thomas、SYS Klaas、Lemair Alexandre、SONNERY Blaise
メカニック   :Yamn David、Grux Erwan
マッサージャー :Fleury Jaques、Bizet Alain
ドクター    :内田彰子
フォトグラファー:大前稔
マネージャー  :田代恭崇

中東Qatarで開催される、UCI(国際自転車競技連盟)アジアツアー6日間のステージレース。BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAMが出場できる最高カテゴリーのHC。コースは砂漠の平坦で風が非常に強く、スプリンター向きのコース設定。プロツアーのRABOBANK, SKY, BMC, OMEGA-PHARMA-QUICK-STEP, RADIOSHACK-NISSAN, LIQUIGAS-CANNONDALE, GARMIN-CERVELO, KATUSHA, GREENEDGE, FDJ-BIGMAT, LOTTO-BELISOL, プロコンチのPROJECT 1T4i, FARNESE VINI-SELLE ITALIA, アジアチームとしてCHAMPION SYSTEM, RTS, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM の計16チーム128選手が参加する。2012シーズン初レースが最高カテゴリーで期待と不安が入り交じるが、世界に挑戦するチームの幕開けを飾るレースです。

2月9日(木)
第5ステージはCAMEL RACE TRACK からAL KHOR CORNICHEまでの160kmのロードレース。
ドーハから車で移動する事40分、内陸のCAMEL RACE TRACKが今日のスタート地点。コースは東西南北へ何度も方向を変えながら東海岸のAL KHOR CORNICHEにゴールする。
今日は6ステージ中、最長の160km。総合成績に関わる重要なステージだが、総合リーダーのBOONEN選手が十分なタイム差を確保しているため、レース展開の予想が難しい。もちろん風が吹けば前半から厳しい戦いが待っている。しかし今日は逃げグループがゴールまで逃げ切る可能性もある為、チームは毎日の事ではあるが前半から動き、逃げグループに入り、チームとしてレースに参加する事を確認した。

12時00分をCAMEL RACE TRACK をスタート。
スタート後約10km、アタックが繰り広げられる中、西薗選手のアタックをきっかけにRADIOSHACK-NISSAN、KATUSHA、LIQUIGAS-CANNONDALE、FARNESEの4選手+西薗選手計5名の逃げが決まります。連日の前半の逃げを成功させ、差は最大約5分まで広げました。このメンバーで総合成績は2分差が最高位で、逃げ切れるチャンスもある展開です。ラジオツールでは西薗選手のツールド北海道ステージ優勝等も紹介され、砂漠の中、ローテーションにしっかり加わり37kmのスプリントポイント、77kmの補給所を通過しました。115km地点から細い道と風向きが変わり、後続の集団もペースアップ。パンクが多く発生する中、集団ではBlase選手が落車し、鎖骨骨折で残念ながらそのままリタイヤすることになりました。
西薗選手の逃げグループは100km以上逃げ続けましたが、125kmのスプリントポイントを過ぎて遂に集団に捕まりました。残り25kmを切り一つになった集団から2名の選手が飛び出し1分の差を付けます。集団はSKY PROCYCLINGを中心にコントロールし最後は集団のゴールスプリントでSKY PROCYCLINGのCAVENDISH選手が優勝。アンカーの7選手も集団内で無事ゴールしました。Blase選手の骨折が悔やまれますが、連日の逃げでの活躍でチームは存在感を示しています。

明日の最終第6ステージはSealine Beach Resort からDoha Cornicheまでの120km。
ゴール地点のDoha Cornicheで周回コースを6周するコース設定で、例年ゴールスプリントになる展開のようです。明日もまた挑戦です。

今日大活躍の西薗選手のRMZ
2.9.no1.jpg

Klaas選手のRMZを調整するメカニックのYamn
2.9.no2.jpg

71歳マッサーのJaquesは何時も陽気で元気です。
2.9.no8.jpg

スタート前、何時もスタッフは5分ぐらいで食事をとります。
2.9.no3.jpg

スタート地点はたくさんのラクダが…
2.9.no7.jpg

100km以上逃げた西薗選手のグループ
2.9.no6.jpg

ゴール後の選手達、日焼けが目立ってきました。
2.9.no5.jpg


第5ステージリザルト
1位 CAVENDISH Mark SKY PROCYCLING
2位 OSS Daniel LIQUIGAS-CANNONDALE + 00' 00"
3位 SAGAN Peter LIQUIGAS-CANNONDALE + 00' 00"
4位 DEGENKOLB John PROJECT 1T4I + 00' 00"
5位 SELIG Rüdiger KATUSHA TEAM + 00' 00"
6位 DAVIS Allan GREENEDGE CYCLING TEAM + 00' 00"
7位 DEMARE Arnaud FDJ-BIGMAT + 00' 00"
8位 GUARDINI Andrea FARNESE VINI-SELLE ITALIA + 00' 00"
9位 GALIMZYANOV Denis KATUSHA TEAM + 00' 00"
10位 HENDERSON Gregory LOTTO-BELISOL TEAM + 00' 00"

71位 井上和郎 BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 00"
96位 Lemair Alexandre BRIDGESTONE ANCHOR + 01' 30"
97位 LEBAS Thomas BRIDGESTONE ANCHOR + 01' 30"
98位 清水都貴 BRIDGESTONE ANCHOR + 01' 30"
100位 吉田隼人 BRIDGESTONE ANCHOR + 01' 30"
105位 SYS Klaas BRIDGESTONE ANCHOR + 01' 30"
110位 西薗良太 BRIDGESTONE ANCHOR + 02' 58"
DNF SONNERY Blaise BRIDGESTONE ANCHOR

総合成績
1位 BOONEN Tom OMEGA PHARMA-QUICK STEP
2位 FARRAR Tyler GARMIN – CERVELO + 00' 31"
3位 FLECHA GIANNONI Juan Antonio SKY PROCYCLING + 00' 34"
4位 STEEGMANS Gert OMEGA PHARMA-QUICK STEP + 00' 36"
5位 EISEL Bernhard SKY PROCYCLING + 00' 45"
6位 VEELERS Tom PROJECT 1T4I + 01' 00"
7位 CAVENDISH Mark SKY PROCYCLING + 01' 05"
8位 CANCELLARA Fabian RADIOSHACK-NISSAN + 01' 06"
9位 NAVARDAUSKAS Ramunas GARMIN – CERVELO + 01' 09"
10位 KRUOPIS Aidis GREENEDGE CYCLING TEAM + 01' 10"

85位 LEBAS Thomas BRIDGESTONE ANCHOR + 06' 17"
96位 Lemair Alexandre BRIDGESTONE ANCHOR + 09' 50"
97位 清水都貴 BRIDGESTONE ANCHOR + 11' 08"
108位 SYS Klaas BRIDGESTONE ANCHOR + 17' 40"
109位 井上和郎 BRIDGESTONE ANCHOR + 20' 26"
113位 吉田隼人 BRIDGESTONE ANCHOR + 22' 27"
115位 西薗良太 BRIDGESTONE ANCHOR + 25' 00"
DNF SONNERY Blaise BRIDGESTONE ANCHOR