contents

12/02/11

Tour of Qatar ( UCI 2.HC ) 2/10 第6ステージ

Tour of Qatar ( UCI 2.HC ) 第6ステージ
2月10日(金)第6ステージ 120km (Sealine Beach Resort -Doha Corniche)
大会の詳細はこちら

ディレクター  :久保信人
ライダー    :井上和郎、清水都貴、西薗良太、吉田隼人、
         LEBAS Thomas、SYS Klaas、Lemair Alexandre、SONNERY Blaise
メカニック   :Yamn David、Grux Erwan
マッサージャー :Fleury Jaques、Bizet Alain
ドクター    :内田彰子
フォトグラファー:大前稔
マネージャー  :田代恭崇

中東Qatarで開催される、UCI(国際自転車競技連盟)アジアツアー6日間のステージレース。BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAMが出場できる最高カテゴリーのHC。コースは砂漠の平坦で風が非常に強く、スプリンター向きのコース設定。プロツアーのRABOBANK, SKY, BMC, OMEGA-PHARMA-QUICK-STEP, RADIOSHACK-NISSAN, LIQUIGAS-CANNONDALE, GARMIN-CERVELO, KATUSHA, GREENEDGE, FDJ-BIGMAT, LOTTO-BELISOL, プロコンチのPROJECT 1T4i, FARNESE VINI-SELLE ITALIA, アジアチームとしてCHAMPION SYSTEM, RTS, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM の計16チーム128選手が参加する。2012シーズン初レースが最高カテゴリーで期待と不安が入り交じるが、世界に挑戦するチームの幕開けを飾るレースです。

2月10日(金)
第6ステージはSealine Beach Resort からDoha Cornicheまでの120kmのロードレース。
ドーハから車で移動する事1時間、東海岸のSealine Beach Resortに到着。今日はここをスタートし海岸線を100km北上し、ゴール地点のDoha Cornicheで10周回するコース。
本日が最終ステージ、鎖骨骨折でBlase選手が抜けましたが、今日もチームの方針は変わりません。チームとして存在感をアピールする事を確認しました。

13時10分Sealine Beach Resortをスタート。
天候は晴れ、今日は風がやや強く感じられました。スタート地点のリゾート感とは裏腹にスタート後はまさに砂漠の横風をもろに受けて北上しました。連日頑張ってきた選手達ですが、最初からの横風で集団は分断し、西薗、清水選手が数人で遅れてしまいます。集団からは数名の選手が先行する展開で、大集団とは約3分の差でゴール地点Doha Cornicheに先頭グループが周回に入りました。大集団の後に西薗、清水選手が戻ってきましたが残念ながらリタイヤとなってしまいました。大集団は、OMEGA PHARMA-QUICK STEP、SKY PROCYCLINGがコントロールし、逃げグループを徐々に詰めていきます。アンカーの選手達はやや後方に位置していますが、チームでまとまって周回をこなしていきます。逃げグループが捕まり、最後は大集団でのゴールスプリントでロングスパートを決めたFDJ-BIGMATのDEMARE Arnaud選手が優勝しました。最後のゴールスプリントで昨日も優勝したSKY PROCYCLING のCAVENDISH選手が落車、アンカーの選手達も心配されましたが無事に全員ゴールしました。

連日、チームは世界最高峰の選手達に混ざり、存在感を示してきました。最終日は横風、大集団スプリントとハイレベルな戦いを目の当りにしましたが、今後に可能性を感じさせる6日間でした。ユーロスポーツで全世界に放送され、チームとしてのアピールも十分に達成し、活動の大きな支えになるはずです。

チームはこの後Omanに移動して14日からスタートするTour of Oman (UCI2.HC)に参加します。引き続き応援して頂ければ幸いです。


新人吉田選手のRMZ
2.10.no7.jpg

チームはEXTENZA RR1HGタイヤを使用します。
2.10.no3.jpg

体調が良くなかったKlass選手も回復してきました。
2.10.no9.jpg

ゴール地点の周回コースをまとまって走ります。
2.10.no5.jpg

2.10.no6.jpg

2.10.no10.jpg


第6ステージリザルト
1位 DEMARE Arnaud FDJ-BIGMAT
2位 GALIMZYANOV Denis KATUSHA TEAM + 00' 00"
3位 RENSHAW Mark RABOBANK CYCLING TEAM + 00' 00"
4位 KLUGE Roger PROJECT 1T4I + 00' 00"
5位 KRISTOFF Alexander KATUSHA TEAM + 00' 00"
6位 FARRAR Tyler GARMIN – CERVELO + 00' 00"
7位 OSS Daniel LIQUIGAS-CANNONDALE + 00' 00"
8位 DAVIS Allan GREENEDGE CYCLING TEAM + 00' 00"
9位 KEMPS Aaron CHAMPION SYSTEM + 00' 00"
10位 DEBUSSCHERE Jens LOTTO-BELISOL TEAM + 00' 00"

28位 吉田隼人 BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 00"
61位 SYS Klaas BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 00"
67位 Lemair Alexandre BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 00"
71位 LEBAS Thomas BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 00"
74位 井上和郎 BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 00"
DNF 清水都貴 BRIDGESTONE ANCHOR
DNF 西薗良太 BRIDGESTONE ANCHOR


総合成績
1位 BOONEN Tom OMEGA PHARMA-QUICK STEP
2位 FARRAR Tyler GARMIN – CERVELO + 00' 28"
3位 FLECHA GIANNONI Juan Antonio SKY PROCYCLING + 00' 33"
4位 STEEGMANS Gert OMEGA PHARMA-QUICK STEP + 00' 34"
5位 VEELERS Tom PROJECT 1T4I + 01' 00"
6位 CAVENDISH Mark SKY PROCYCLING + 01' 05"
7位 CANCELLARA Fabian RADIOSHACK-NISSAN + 01' 06"
8位 NAVARDAUSKAS Ramunas GARMIN – CERVELO + 01' 09"
9位 KRUOPIS Aidis GREENEDGE CYCLING TEAM + 01' 10"
10位 BLYTHE Adam BMC RACING TEAM+ 01' 14"

80位 LEBAS Thomas BRIDGESTONE ANCHOR + 06' 17"
93位 Lemair Alexandre BRIDGESTONE ANCHOR + 09' 50"
103位 SYS Klaas BRIDGESTONE ANCHOR + 17' 40"
104位 井上和郎 BRIDGESTONE ANCHOR + 20' 26"
106位 吉田隼人 BRIDGESTONE ANCHOR + 22' 27"
DNF 清水都貴 BRIDGESTONE ANCHOR
DNF 西薗良太 BRIDGESTONE ANCHOR
DNF SONNERY Blaise BRIDGESTONE ANCHOR