contents

12/02/15

BAオフィシャルカメラ・レポ vol.9 ツアー・オブ・オマーン 「2月14日・第1ステージ、159.0km。もう、大あっぱれダー!!!。と、砂漠で叫ぶ」

何度も言ってしまうが、先のカタールとこのツアー・オブ・オマーンは、世界の強豪が集まるレースである。“今のところ”、全チームがすごく格上。しかしその第1ステージで、BAはまた新たな一歩を踏み出した。

私はだだのカメラマンだけれど、前回のカタールを経て、この第1ステージ一発目に叩き出したBAの成績は、ブリヂストンサイクルの自転車作りの素晴らしさを世界に証明して見せた瞬間であり、関係者のこれまでの努力が報われた瞬間だった。と、断言する。
日本の皆さんからきょう、“抜群の功”を立てたレーシングチームにぜひ賛辞を贈っていただきたい。

4人の逃げを決め、真剣勝負の2箇所に設けられたスプリントポイントで、1着、2着を獲得した、ダンディ・アレックス。
top4.jpg


逃げの直ぐ後の集団。向かって右側にゾノ。
syudann.jpg


ポディウムでマイヨ・コンバティビテを纏うアレックス。総合は第4位。大あっぱれ。
podiumALXforBRG.jpg


オオマエミノル