contents

12/02/16

Tour of Oman (UCI 2.HC) 2/15 第2ステージ Thomas 11位でゴール

Tour of Oman (UCI 2.HC)
2/15 第2ステージ 140.5km(Sur - Wadi Dayqah Dam)

大会の詳細はこちら

中東Omanで開催される、UCI(国際自転車競技連盟)アジアツアー6日間のステージレース。BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAMが出場できる最高カテゴリーのHC。砂漠の平坦に山岳ゴールが含まれる、山岳系オールラウンダー向きのコース。プロツアーのRABOBANK, SKY, BMC, OMEGA-PHARMA-QUICK-STEP, RADIOSHACK-NISSAN, LIQUIGAS-CANNONDALE, GARMIN-CERVELO, KATUSHA, GREENEDGE, FDJ-BIGMAT, LOTTO-BELISOL, プロコンチのPROJECT 1T4i, FARNESE VINI-SELLE ITALIA, アジアチームとしてCHAMPION SYSTEM, RTS, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM の計16チーム128選手が参加する。2012Tour of Qatarに続く、世界に挑戦するチームの幕開けを飾るレースです。

ディレクター  :久保信人
ライダー    :井上和郎、清水都貴、西薗良太、吉田隼人、
         LEBAS Thomas、SYS Klaas、Lemair Alexandre
メカニック   :Yamn David、Grux Erwan
マッサージャー :Fleury Jaques、Bizet Alain
ドクター    :内田彰子
フォトグラファー:大前稔
マネージャー  :田代恭崇

2月15日(水)
第2ステージはSurからWadi Dayqah Damまでの140.5kmのロードレース。
オマーンの首都マスカットからの南に約200km南下した海岸線の町Surをスタートし海岸線を北上し、Wadi Dayqah Damにゴールする昨日に続いて平坦ですが、後半のアップダウンが勝敗の行方を左右するコース設定。
選手は高速船での2時間の移動を行いスタート地点に到着。船酔いで体調を崩す選手が多く出ました。
ミーティングではAlexandre選手のマイヨ・コンバティビテ(敢闘賞)を最終ステージで着用できるように今日もチャンスがあれば前半の逃げに乗ることと、昨日と同じように井上、吉田選手が前半の逃げを対応し、清水、Thomas選手が勝負所で力を出せるようにチームとして走ること等を確認しました。

船の到着遅れで、40分遅れの13時10分Surをスタート。
天候は晴れ、風は微風。吉田選手が体調を崩したままスタートし心配されます。
前半からの4人の逃げにチームからは選手を送り込めませんでした。ゴールまで10km地点から続く丘を前に逃げグループは吸収。井上選手を中心にチームでまとまり勝負所の丘に入ります。集団はいくつかに分かれ、超高速のダウンヒルをクリアしゴール前にやってきました。ゴールまで残り1kmから最後の丘を越え300m手前最終コーナーをOMEGA-PHARMA-QUICK-STEPのVELITS選手を先頭に15人程のグループにThoma選手、後方に清水選手がやってきました。優勝はLIQUIGAS-CANNONDALEのSAGAN選手。Thoma選手は11位、清水選手は22位でゴールしました。
久保監督の「全ステージを通して10位以内にはいれば超理想、現実的には20位以内に入れば上出来き」の言葉通り、チーム目標を早くも第2ステージで達成しました。世界の強豪を相手に健闘したThomas選手の活躍で今日もチームとしてアピールできたステージでした。
心配された吉田選手も集団内でゴール、昨日活躍したAlexandre選手も最終グループでゴールしました。残念ながらマイヨ・コンバティビテ(敢闘賞)は失いましたが、まだチャンスは残っているので引き続き挑戦します。

明日の第3ステージは標高700mのスタート地点Al Alyaから海岸線のBank Muscat HQにゴールする144.5km、全体的には下り基調のコース設定です。

清水選手のRIS9
2.15.no8.jpg

ゴールは丘を越え、ダムの畔
2.15.no10.jpg

2.15.no2.jpg

最終コーナー前のThomas選手
2.15.no3.jpg

昨日優勝したGREIPEL選手の前で最終コーナーを曲がるThomas選手
2.15.no4.jpg

RODRIGUEZ OLIVER Joaquin選手の後ろに最終コーナーを曲がる清水選手
2.15.no5.jpg

ゴール後の選手達
2.15.no7.jpg

無事にゴールした吉田選手
2.15.no9.jpg


第2ステージリザルト
1位 SAGAN Peter LIQUIGAS-CANNONDALE
2位 COOKE Baden GREENEDGE CYCLING TEAM + 00' 00"
3位 SLAGTER Tom Jelte RABOBANK CYCLING TEAM + 00' 00"
4位 GALLOPIN Tony RADIOSHACK-NISSAN + 00' 00"
5位 NAVARDAUSKAS Ramunas GARMIN – CERVELO + 00' 00"
6位 BOUHANNI Nacer FDJ-BIGMAT + 00' 00"
7位 SUTTON Christopher SKY PROCYCLING + 00' 00"
8位 FUGLSANG Jakob RADIOSHACK-NISSAN + 00' 00"
9位 CANCELLARA Fabian RADIOSHACK-NISSAN + 00' 04"
10位 GREIPEL Andre LOTTO-BELISOL TEAM + 00' 04"
11位 LEBAS Thomas BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 06"

22位 清水都貴 BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 13"
52位 吉田隼人 BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 46"
57位 SYS Klaas BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 52"
58位 西薗良太 BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 52"
89位 井上和郎 BRIDGESTONE ANCHOR + 01' 52"
104位 Lemair Alexandre BRIDGESTONE ANCHOR + 04' 41"

総合成績
1位 SAGAN Peter LIQUIGAS-CANNONDALE
2位 GREIPEL Andre LOTTO-BELISOL TEAM + 00' 04"
3位 COOKE Baden GREENEDGE CYCLING TEAM + 00' 07"
4位 SLAGTER Tom Jelte RABOBANK CYCLING TEAM + 00' 09"
5位 BOUHANNI Nacer FDJ-BIGMAT + 00' 10"
6位 GALLOPIN Tony RADIOSHACK-NISSAN + 00' 10"
7位 SUTTON Christopher SKY PROCYCLING + 00' 10"
8位 FUGLSANG Jakob RADIOSHACK-NISSAN + 00' 13"
9位 NAVARDAUSKAS Ramunas GARMIN – CERVELO + 00' 13"
10位 CANCELLARA Fabian RADIOSHACK-NISSAN + 00' 17"
11位 RODRIGUEZ OLIVER Joaquin KATUSHA TEAM + 00' 19"
12位 LEBAS Thomas BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 19"

18位 清水都貴 BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 26"
52位 吉田隼人 BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 59"
56位 SYS Klaas BRIDGESTONE ANCHOR + 01' 05"
57位 西薗良太 BRIDGESTONE ANCHOR + 01' 05"
87位 井上和郎 BRIDGESTONE ANCHOR + 02' 05"
102位 Lemair Alexandre BRIDGESTONE ANCHOR + 04' 49"

総合敢闘賞
1位 LODEWIJCK Klaas BMC RACING TEAM 6tps
2位 Lemair Alexandre BRIDGESTONE ANCHOR 5tps
3位 IGNATYEV Mikhail KATUSHA TEAM 4tps