contents

12/02/17

Tour of Oman (UCI 2.HC) 2/16 第3ステージ マイヨ・コンバティビテ奪取

Tour of Oman (UCI 2.HC)
2/16 第3ステージ 144.5km(Al Alya- Bank Muscat HQ)

大会の詳細はこちら

中東Omanで開催される、UCI(国際自転車競技連盟)アジアツアー6日間のステージレース。BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAMが出場できる最高カテゴリーのHC。砂漠の平坦に山岳ゴールが含まれる、山岳系オールラウンダー向きのコース。プロツアーのRABOBANK, SKY, BMC, OMEGA-PHARMA-QUICK-STEP, RADIOSHACK-NISSAN, LIQUIGAS-CANNONDALE, GARMIN-CERVELO, KATUSHA, GREENEDGE, FDJ-BIGMAT, LOTTO-BELISOL, プロコンチのPROJECT 1T4i, FARNESE VINI-SELLE ITALIA, アジアチームとしてCHAMPION SYSTEM, RTS, BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM の計16チーム128選手が参加する。2012Tour of Qatarに続く、世界に挑戦するチームの幕開けを飾るレースです。

ディレクター  :久保信人
ライダー    :井上和郎、清水都貴、西薗良太、吉田隼人、
         LEBAS Thomas、SYS Klaas、Lemair Alexandre
メカニック   :Yamn David、Grux Erwan
マッサージャー :Fleury Jaques、Bizet Alain
ドクター    :内田彰子
フォトグラファー:大前稔
マネージャー  :田代恭崇

2月16日(木)
第3ステージは標高700m地点のAl AlyaからBank Muscat HQまでの144.5kmの全体的に下り基調のスプリンターが狙えるコース設定。
マスカットから2時間半の車移動でスタート地点Al Alyaに到着。天候は晴れ、標高が高く清々しい気温。ゴールは海岸線にある首都マスカット近郊にゴールします。
ミーティングではマイヨ・コンバティビテ(敢闘賞)を奪い返す為に、Alexandre選手が逃げに乗りスプリントポイントを獲得できるようにチームとして動くこと、乗れない場合にはその他のメンバーで対応すること、総合上位を狙える位置に付けた清水、Thoma選手をサポートすること等確認しました。

12時30分、Al Alyaをスタート。
スタート直後から昨日敢闘賞のBMCの選手等、逃げを試みますが決まらない中、KATUSHA, FARNESE, CHAMPION SYSTEMの選手+Alexandre選手の4名の逃げが決まりました。
42km地点と83km地点にあるスプリントポイントを2位と3位通過し、マイヨ・コンバティビテ(敢闘賞)を確定させました。コース幅が広く、風も少なく集団は比較的穏やかに進み、集団スプリントを狙うチームを中心にコントロールされ、残り3kmでAlexandre選手の逃げグループを吸収し、大集団スプリントになりました。優勝はPROJECT 1T4I のKITTEL Marcel選手。吉田、清水、Thomas選手は先頭グループでゴール。その他の選手も遅れながらも無事にゴールしました。体調が優れないKlass選手もゴールでき早い回復を願います。
チームは本日の目標を達成し、十分アピールも成功しました。明日は再びAlexandre選手がマイヨ・コンバティビテを着用して出走します。

明日の第4ステージはBidbidからAl Wadi al Kabir までの142.5km。
高低差300mのアップダウンが多く続き、細い街中の道を通過するテクニカクなコースで、チーム力が必要となります。山岳第5ステージ前の総合成績を狙う上で重要なステージです。

昨日活躍したThomas選手
2.16.no1.jpg

キャプテン井上選手
2.16.no2.jpg

スタート前、西薗選手と話す久保監督
2.16.no3.jpg

レースは雄大な景色の中を進みます。
2.16.no4.jpg

逃げグループのAlexandre選手
2.16.no6.jpg

「マイヨ・コンバティビテ」を奪取したAlexandre選手が乗るRMZはSELL4仕様
2.16.no5.jpg


第3ステージリザルト
1位 KITTEL Marcel PROJECT 1T4I
2位 GREIPEL Andre LOTTO-BELISOL TEAM + 00' 00"
3位 BOUHANNI Nacer FDJ-BIGMAT + 00' 00"
4位 FARRAR Tyler GARMIN - BARRACUDA + 00' 00"
5位 SAGAN Peter LIQUIGAS-CANNONDALE + 00' 00"
6位 BOONEN Tom OMEGA PHARMA-QUICK STEP + 00' 00"
7位 GUARDINI Andrea FARNESE VINI-SELLE ITALIA + 00' 00"
8位 CAVENDISH Mark SKY PROCYCLING + 00' 00"
9位 BROWN Graeme RABOBANK CYCLING TEAM + 00' 00"
10位 NAVARDAUSKAS Ramunas GARMIN - BARRACUDA + 00' 00"

27位 吉田隼人 BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 00"
32位 清水都貴 BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 00"
51位 LEBAS Thomas BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 00"
84位 井上和郎 BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 26"
88位 西薗良太 BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 30"
119位 SYS Klaas BRIDGESTONE ANCHOR + 02' 16"
126位 Lemair Alexandre BRIDGESTONE ANCHOR + 03' 02"

総合成績
1位 GREIPEL Andre LOTTO-BELISOL TEAM
2位 SAGAN Peter LIQUIGAS-CANNONDALE + 00' 02"
3位 BOUHANNI Nacer FDJ-BIGMAT + 00' 08"
4位 COOKE Baden GREENEDGE CYCLING TEAM + 00' 09"
5位 SLAGTER Tom Jelte RABOBANK CYCLING TEAM + 00' 11"
6位 GALLOPIN Tony RADIOSHACK-NISSAN + 00' 12"
7位 SUTTON Christopher SKY PROCYCLING + 00' 12"
8位 FUGLSANG Jakob RADIOSHACK-NISSAN + 00' 15"
9位 NAVARDAUSKAS Ramunas GARMIN – CERVELO + 00' 15"
10位 CANCELLARA Fabian RADIOSHACK-NISSAN + 00' 15"
11位 LEBAS Thomas BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 21"

17位 清水都貴 BRIDGESTONE ANCHOR + 00' 28"
41位 吉田隼人 BRIDGESTONE ANCHOR + 01' 01"
68位 西薗良太 BRIDGESTONE ANCHOR + 01' 37"
88位 井上和郎 BRIDGESTONE ANCHOR + 02' 33"
92位 SYS Klaas BRIDGESTONE ANCHOR + 03' 23"
120位 Lemair Alexandre BRIDGESTONE ANCHOR + 07' 50"

総合敢闘賞
1位 Lemair Alexandre BRIDGESTONE ANCHOR 8tps
2位 LODEWIJCK Klaas BMC RACING TEAM 6tps
3位 ISAICHEV Vladimir KATUSHA TEAM 6tps