contents

12/02/22

MTB UCI1クラスにて平野星矢10位、UCIポイント獲得!!

Salcano MTB Cup #1 - Polonezkoy/Istanbul (エリート男子) UCI Classe1- XCO
結果  10位
開催日 2月12日(日)
開催地 トルコ イスタンブール
天候  晴れ
コースプロフィール / コンディション 
コースには雪が積もり、雪と泥の混じったマッドコンデション。
主な上りは3つ。 1つは斜度がきつい坂で、全て押し。 周回数は6周。


今年初のレース。 そして初めて訪れたトルコ。
初めてのビクターと2人切りの遠征。初の雪の中でのレース。
色々と初めて尽くしで、今回は何かとトラブルの多い遠征となった。

レース当日。
今年初のレースという事もあり、スタート3時間前からドキドキ。。。
しかし、特攻服(ウェイブ・ワン)へ着替え終え、レース会場へ向かう頃には良い感じでリラックス♪

会場に到着し、ウォーミングアップを開始。
今回、去年に比べてウォーミングアップの時間と、ダッシュの数を減らしてレースに挑んだ。
去年はスタート前からアップで追い込み過ぎて、スタートの時には疲労感をだいぶ感じていたので、今回はやり方を少し変えてみた。

今年初めてのレース。スタートライン立つが、思っていた程は緊張していない。
レースへの不安や恐怖を感じていない。
苦しい事や結果を恐れず、自分を追い込む自信がある。
結果は大事だが、1番大事なのは今を生きる事!

スタートの笛が鳴り、ペダルを踏み出す。
が、笛が鳴る前に皆飛び出してるし!
と同時に隣からライダーが思いっきりぶつかって来た。
横に弾かれ、シューズからペダルが外れる。
もう始まってしまったものは仕方ない。ぶっ飛ばす!
前列スタートだったが、シングルには10番手位で突入。
1度シングルに入ると、もう抜かし所が無い。
雪と泥に阻まれて、うずうず。
コース広めの所で抜かそうとするが、トラクションが抜けてしまい、抜かせない。
接触などで足を付き、バイク押したりして上手く走れなかった。

2周目に入る前の上り。全て押しの長い上り。
ヤバイ。押しと担ぎ遅すぎて、抜かれ離され、さあ大変。
短い上りで、抜かされたライダーには追いつくが抜かす所まで行けない。
シングルに入り、上りで失敗して離され、再び追い付き抜かすが、また押しの上りで抜かれる。
これの繰り返し。悪循環だが仕方ない。
押しがもっと早ければなとは思うが、もう全開です!

後半に掛けての上りは、ダンシングで良い感じで走れた。
足は冷え切って感覚無かったが、腰から踏めている感じがあったので、以外に踏める感じがある。
そしてシッティングは、きつい上りに関してはあまり良い感覚では無いが、
フラット気味の上りに関しては腰が入ってきている感じがある。

最周回、最後の上り坂を全開で押してゴール。
相変わらず押しは遅かった。
もしや無意識にセーブしているのではないかと思い立ち、
最周回の最後の上りで、これでもか!と押してはみたが、結果は一緒で10位でゴール。

今年最初のレースで結果は10位、UCIポイントも10ポイント獲得
オリンピック枠獲得に向け頑張ります!!!

次回はポルトガルでUCI2クラスのレースに出場します。


使用機材
バイク     ANCHOR XIS9
コンポーネンツ SHIMANO XTR
ホイール    SHIMANO XTR
フォーク    SR SUNTOUR AXON 100mm(サンツアー)
ハンドル SHIMANO PROシマノプロ
ステム SHIMANO PROシマノプロ
シートポスト SHIMANO PROシマノプロ

サングラス KABUTO(OGK)プリマト・フォトクロミック.パールホワイトNXT調光
ヘルメット KABUTO(OGK)レジモス スペシャル・チームカラー
シューズ   SHIMANO SH-M315E
ウエア    Wave One
サプリメント SAVAS(株式会社明治)・ピット イン リキッド・ SAVASスポーツウォーター・パワーアミノ2500。 


平野 星矢