contents

12/02/27

U23チーム 2/26フランス情報

2012年2月26日(日)
Grand Prix d’Ouverture Pierre Pinel フランス国内クラス 1.12.1(エリート/ナショナル)
ラインレース139㎞
フランス・モンタストリュック・ラ・コンセイエール(オートカローヌ県)

監督:浅田 顕
選手:平井栄一、秋丸湧哉、寺崎武郎、椿大志、六峰亘、清水太己

シーズン開始の準備レース、レース展開への積極的参加を課題としました。

フランス南西部のオープニングレースとして強豪が集結するなかレースは序盤から激しい位置取り争えをしながらハイペースで進んだ。天候にも恵まれ今日はチームとして展開に参加することを課題とした。位置取りも展開も先週より動きが良く中盤までは皆好位置に付けたが勝負は別物、上位に絡む逃げを見送り成績は残らなかった。好調の秋丸は途中落車でリタイヤした。収穫は展開力。課題はコンディションアップ、そして勝負所のスピードと勘だろう。2月も終わりシーズンは常に流れている。次回のレースはチームとしての動きで展開する。

レースリザルト
1位 FRAISSIGNES Fabien(フランス/GSC BLAGNAC) 3h26m26s
…31位 椿 大志、63位 清水太己、75位 平井栄一…寺崎武郎は最終回で棄権、六峰亘は途中棄権



レーススタートでの秋丸の表情、今日はレース展開を試みる。
CIMG5219.JPG

15%はあろうMONTASTRUCにあるの「アンガリナの壁」を上る椿。
CIMG5220.JPG

最終でゴールした平井。「もっと積極的に攻撃しなければならなかった」とレース振り返った。
CIMG5229.JPG