contents

12/04/29

4/29 全日本自転車競技選手権大会ロード・レース

2012年4月29日(日)
全日本自転車競技選手権大会ロード・レース
258.8km(15.8km×16周)
岩手県八幡平市八幡平温泉郷

 一年に一度の全日本チャンピオンを決定する大会です。例年は6月下旬に開催されますが、今年はオリンピックイヤーであり、代表候補選手選考参考となる大会にも位置づけられた為に、4月の開催となりました。世界に挑戦するチームは今シーズン既に約30レースを海外で走り、シーズン初戦のツアー・オブ・カタール、ツアー・オブ・オマーンでは世界の強豪に混ざり、活躍しました。しかし本場ヨーロッパに渡り、苦戦を強いられています。しかし、世界に挑戦するチームにとっては、日本のレースで成績を残すのは通過点であり、必須条件です。既に7年も全日本選手権のタイトルから遠ざかっていますがタイトルを取る為に参戦しました。

ディレクター  :久保信人

ライダー     :井上和郎、清水都貴、西薗良太、吉田隼人、伊丹健治
         
メカニック   :金田正
マッサージャー :安見正行

ドクター    :内田彰子

管理栄養士   :柴田麗

 2012シーズン前半の第一目標として臨んだ全日本選手権。岩手八幡平の15.8kmを16周252km、出走151名で争われた。チームとしては、コース特性を考慮し、できる限り後半まで多くの選手を温存し、ラスト3周以降に攻撃してゆく展開を目指しスタートした。1周目から9名の逃げが出来るが、レースをコントロールして行くと考えられたシマノ、愛三が入っていないこともあり、5名という限られたメンバーでの項半勝負を考え静観するが、追撃にシマノの平塚、愛三の中島が動くとすかさず井上がのり4名の追撃が出来る。一時は40秒程度まで迫っていたが、愛三、ブリヂストンアンカー共に追いつく必要性は低く、シマノの平塚をチェックしてゆく展開に。そのため追撃4名のスピードは上がらず、レース中盤まで先頭9名、追撃に井上の乗る4名という形が続いた。追撃の4名が先頭に追いつかないことが確実になると、中盤以降愛三、シマノがコントロールを始め、前半から逃げている9名を徐々につめて吸収。ブリッツェン中村が粘り、そこにシマノ阿部とブリッツェン普久原が抜け出すが、少人数では危険は無いと判断し、チャンスを待つ。前に乗っていない愛三が再び集団を引き、レースのペースが上がってゆくとメイングループは40名程度まで絞られ、優勝候補に上がっていた福島晋一選手など有力選手も遅れ始める。そのころゴール勝負に備えていた吉田隼人も足が痙攣し脱落、メイングループには清水、伊丹、西薗の3名となる。最後はやはりゴール前3.5kmの上り勝負となり、登り前半で西薗が加速、その後アルゴス・シマノの土井と清水が抜け出すとブリッツェン増田が合流し3人が抜け出す形に。そこに再度西薗がアタックし10秒まで迫り、あと一歩で先頭グループにアンカー2名、増田、土井の形になり、必勝体制かと思われた。しかしながら、本場欧州でワールドカップや多くのクラシックレースを走ってきた土井は一枚上手で、最後まで検討した清水はあと一歩のところで3位でゴールした。前半の井上の働きをはじめ、全選手が目指したレースを忠実に遂行していったが、勝負の世界の厳しさを実感させられたレースとなった。しかしながら、レースの勝負どころで非常に存在感を示したチームの走りでも有り、これからのシーズンに向けて、前向きな材料は多く、この悔しさをバネにこれからのレースに挑んでゆきたいと思う。


2012.4.29.no1.jpg


2012.4.29.No2.jpg


2012.4.29.No3.jpg


2012.4.29.No5.jpg


2012.4.29.No6.jpg


2012.4.29.No8.jpg


2012.4.29.No9.jpg


2012.4.29.No10.jpg


2012.4.29.miyataka.jpg


リザルト:
1位 土井雪広 チームARGOS シマノ
2位 増田成幸 宇都宮ブリッツェン
3位 清水都貴 ブリヂストンアンカーサイクリングチーム
4位 飯野智行 宇都宮ブリッツェン
5位 西谷泰治 愛三工業レーシング
6位 鈴木真理 キャノンデ-ルスペースゼロポイント
7位 六峰 亘 ブリヂストンアンカーサイクリングチームU23
8位 畑中勇介 シマノレーシング
9位 新城幸也 チームユーロップカー
10位 寺崎武郎 ブリヂストンアンカーサイクリングチームU23

12位 西薗良太 ブリヂストンアンカーサイクリングチーム
24位 伊丹健治 ブリヂストンアンカーサイクリングチーム
DNF 吉田隼人 ブリヂストンアンカーサイクリングチーム
DNF 井上和郎 ブリヂストンアンカーサイクリングチーム