contents

12/05/22

Tour of JAPAN(UCI 2.2)5/22 第2ステージ 美濃

BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM [ROAD] は5月20日(日)〜27日(日)大阪、美濃、南信州、富士山、伊豆、東京で開催される、日本最大規模のステージレースTour of JAPAN(UCI 2.2)に参戦します。国際自転車競技連盟公認UCIアジアツアー6日間のステージレース大会です。
5月20日(日) 第1ステージ 堺 2.65km 個人タイムトライアル
5月22日(火) 第2ステージ 美濃 160.7km
5月23日(水) 第3ステージ 南信州 148.0km
5月25日(金) 第4ステージ 富士山 11.4km
5月26日(土) 第5ステージ 伊豆 146.4km
5月27日(日) 第6ステージ 東京 112.7km

大会詳細はこちらから

5月27日(日) 第6ステージでは、スタート地点の日比谷公園チームピットで、応援タオル50枚を先着順でプレゼントしますので是非皆様応援にお越し下さい。
%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%AA%E3%83%AB.001.jpg

【参加メンバー】
ディレクター  :久保信人、LEPROUX DENIS
ライダー    :清水都貴、伊丹健治、西薗良太、吉田隼人、
         LEBAS Thomas、SONNERY Blaise
メカニック   :金田正
マッサージャー :安見正行

5月22日(火) 第2ステージ 美濃 160.7km

岐阜県美濃で行われる第2ステージは、21.3㎞の周回を7周+11.6㎞する160.7㎞で争われた。コース中に約1kmの登りがあるが、それ以外は流れる下り基調の平坦が長く、集団ゴールになる可能性が高いコース。1周目はある程度アタック合戦となったが、シマノ畑中とブリッツェン中村2名が抜け出した時点でジェネシス、チャンピオンシステムらのコントロールが入り、2~3分差で集団は進む。ラスト2周で2名が吸収されると登りで加速するが、集団が分裂するまでには至らず、ゴールスプリントに。NIPPO勢が列車を組み、マキシミリアーノ・リチェーゼが優勝、ブリヂストンアンカーサイクリングチームからは西薗が9位でゴールした。また吉田隼人17位、トマルバ18位ゴールし、清水、ブレイズ、伊丹も全員メイングループゴールし、第2ステージのチーム順位はNippoに次ぐ2位となった。


TOJ-mino1.HP.JPG


TOJ-mino2.HP.JPG


第2ステージ成績:
1位 Richeze Maximilliano NIPPO
2位 Wiesiak Mariuz Matrix
3位 Patrick Shaw Genesis

9位 西薗良太 BGT
17位 吉田隼人 BGT
18位 トマ ルバ BGT
27位 ブレイズ ソノリー BGT
30位 伊丹健治 BGT
33位 清水都貴 BGT


個人総合成績:
1位 Richeze Maximilliano Nippo
2位 Clarke William Champion System
3位 Richeze Mauro Abel Nippo

13位 清水都貴 BGT
18位 伊丹健治 BGT
27位 吉田隼人 BGT
34位 西薗良太 BGT
40位 トマ ルバ BGT
43位 ブレイズ ソノリー BGT