contents

12/05/25

Tour of JAPAN(UCI 2.2)5/25 第4ステージ 富士山

BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM [ROAD] は5月20日(日)〜27日(日)大阪、美濃、南信州、富士山、伊豆、東京で開催される、日本最大規模のステージレースTour of JAPAN(UCI 2.2)に参戦します。国際自転車競技連盟公認UCIアジアツアー6日間のステージレース大会です。
5月20日(日) 第1ステージ 堺 2.65km 個人タイムトライアル
5月22日(火) 第2ステージ 美濃 160.7km
5月23日(水) 第3ステージ 南信州 148.0km
5月25日(金) 第4ステージ 富士山 11.4km
5月26日(土) 第5ステージ 伊豆 146.4km
5月27日(日) 第6ステージ 東京 112.7km

大会詳細はこちらから

5月27日(日) 第6ステージでは、スタート地点の日比谷公園チームピットで、応援タオル50枚を先着順でプレゼントしますので是非皆様応援にお越し下さい。
%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%AA%E3%83%AB.001.jpg

【参加メンバー】
ディレクター  :久保信人、LEPROUX DENIS
ライダー    :清水都貴、伊丹健治、西薗良太、吉田隼人、
         LEBAS Thomas、SONNERY Blaise
メカニック   :金田正
マッサージャー :安見正行


5月25日(金) 第4ステージ 富士山 11.4km

第4ステージはTOJの象徴ともいえる、富士あざみライン11.4㎞ヒルクライム。トマの総合と団体総合のアップを目指してスタートする。あいにくも曇り空の中レースは進み、4㎞地点では11名の先頭グループが形成される。この中にトマ、ブレイズ、清水の3名を送り込むことに成功し、枚数としてはブリヂストンアンカーサイクリングチームが最も多く選手を送り込んだ形となる。しかしこの斜度の厳しい登りではチームプレーというよりも個々の登反力が問われ、やはりNippoのバリアーニとモレノがリードを始める。そこにチャンピオンシステムのバトラーが合流し3名が先行、その後ろにアンカーのトマと総合でトマのすぐ後ろにつけるアモーレ&ヴィタの選手が着く。ブレイズも最後まで粘り8位でゴール。中盤まで良いペースを作った清水が9位、トマが5位でゴールした。しかし、最後の最後でやや離され、総合は7秒差でアモーレヴィタに奪われたが、団体総合は逆転し現在2位につけている。


選手のアップを待ちRMZ
2012.05.22.no1.JPG


ハンドル回りは全てSHIMANO PRO
2012.05.22.no2.JPG


本日5位のトマのRMZ
2012.05.22.no3.JPG


ゴール前のブレイズ
2012.05.22.no4.JPG

第4ステージ成績:
1位 Baliani Fortunato NIPPO
2位 Arredondo Moreno Julian David NIPPO +19
3位 Butler Cheris CSS +58

5位 Lebas Thomas BGT +1:58
8位 ブレイズ ソノリー BGT +2:42
9位 清水都貴 BGT +3:01
39位 吉田隼人 BGT +7:21
60位 西薗良太 BGT
61位 伊丹健治 BGT

個人総合成績:
1位 Baliani Fortunato NIPPO
2位 Arredondo Moreno Julian David NIPPO +18
3位 Dabrowski Jaroslaw BGT +3:21
4位 Lebas Thomas BGT +3:28

15位 ブレイズ ソノリー BGT +8:00
17位 清水都貴 BGT +8:37
36位 西薗良太 BGT
41位 吉田隼人 BGT
61位 伊丹健治 BGT

団体総合成績:
1位 チームNippo
2位 ブリヂストンアンカー +13:51
3位 アモーレ&ヴィタ +14:36