contents

12/06/18

ザバスサポート レポ 「ツアー・オブ・ジャパン」

5月のTOJの東京ステージにて、新監督とお会いしました。
選手の皆さんとは3月に1度会っていましたので、お久しぶりの挨拶となりました。

新監督とはレース前にご挨拶をして、食事について、5分程度ディスカッション。
「フランスでは、3~4時間前に食事をしたら、スタートまで何も食べない」とのこと。
日本では、1時間ほど前にはゼリー、直前にはブドウ糖タブなどの方法を摂りますので、
摂取タイミングは少し違うようでした。

レース数日後、バイクフォーラム青山にて、外国人選手へ食事内容、摂り方の聞き取りをするために、チームに時間をいただきました。

食文化の違いもあり、補食の内容、摂取タイミングなど異なることもありましたが、食事が重要という考えは万国共通。
選手たちは「自分達の食事の摂り方をどう考えるか?」、「もっとたんぱく質を摂ったほうが良いか?」「こんな商品が欲しい」など質問や確認、要望などがあり、パフォーマンス向上のために、より良いことは取り入れようとする姿勢がとても素晴らしかったです。
これからも、全選手のパフォーマンス向上のため、食事や補食の摂り方を聞き取りしたり、提案したり、一緒に考えていきたいと思います。

そんな中、外国人選手が食べるリカバリーのための炭水化物(糖質)系で大人気だったのが、草もち、みたらし団子。「たくさん持って帰りたい」と言っていました。
海を越えて、愛される和菓子。日本食は素晴らしいのだと実感しました。


2012.6.18.meizi.no1.jpg


2012.6.18.meizi.no2.jpg


リカバリーメーカーゼリーの後の草もち・・・
2012.6.18.meizi.no3.jpg


㈱明治 ザバス 管理栄養士
柴田麗