contents

12/07/12

7/7-8 UCI Classe1- XCO Coupe de France #3 – Super Besse

2012年7月7(土)〜8日(日)フランスのSuper Besse で行われたUCI Classe1- XCO Coupe de France #3にMTBチームの平野選手と沢田時選手が参戦。エリートカテゴリーに参戦した平野選手は45位、ジュニアカテゴリーに参加した沢田選手は9位の結果でした。


2012.07.08.MTB.no2.JPG


2012.07.08.MTB.no1.JPG

【平野選手レースレポート】
Coupe de France #3 – Super Besse (エリート男子) UCI Classe1- XCO
結果  45位
開催日 7月7日(土)
開催地 フランス Super Besse
天候  晴れ

コースプロフィール / コンディション 
コースはマッド・コンディション。土質は富士見に近い。大きく2回程上って下るコースで周回数は5周。

久しぶりのXCOレース。まだ確りとした追い込みを入れてないので、正直まだ自身は無い。

レース当日。朝の30分間軽く走った時の感覚は、あまり良くなかった。筋肉が硬かったので、太腿の各部位を5分ずつ、軽くコンペックスでほぐす。レース1時間前からアップを開始し、筋肉の硬さが無いのを確認。アップ段階での筋肉の感じは、良く感じた。

スタートラインに立つ。特に緊張は無い。今回は久しぶりのXCOレース。まだ身体の段階は良くないが、ある程度踏んで行こうと思っている。スタートの合図がなり、走り出すが、タイミングが合わず出遅れる。フランスカップの司会者の、スタート15秒前のコールがいつも分かり辛く、タイミングが合わせ辛い。

それにしても、スタートのダッシュがあまり良くなかった。もっと加速する予定だったが、身体の出力が少ない。追い込み慣れてないと感じた。アドレナリンと追い込むイメージと、そのイメージへの身体の反応が薄い様に感じた。後退しつつ、悪いポディションでシングルへと入って行く。
それでも、後半から徐々に順位を上げて行けるだろうと思っていた。しかし、一向に前へと上がって行けない。ダンシングが入れられてなく、シッティングで小さく走ってしまう。
パワフルにトルクが駆けられず、踏んで行けない。周りの影響で、小さい走りをしてしまっている自分もいる。ううぅぅ。。。パワフル性が無い。

3周目。少しリズムが良くなって来た。しかし途中、上りで倒けてからは再びリズムを悪くして行く。そして脚が疲れで更に踏めなくなって行く。さらにダンシングが入らない。さらに小さくペダルを回して行く。これは完全に走れていない。素晴らしい程、全くをもって走れていない! 恐ろしいほど…。結局、結果は 45位。今回は順位もさる事ながら、それ以上に走りがとても悪かったと思う。

レースで追い込む為の練習はしてなかったが、ここまで小さく走ってしまうと良くない。今は筋力とトルクをつける為の練習が重要で、すぐにコンディションを上げる積もりはない。しかし、それは大きく走る為の練習をしたいからであり、小さい走りのイメージや癖が漬いてしまうのは良くない。それにトルクに余裕があれば、もっと大きく走れるはずだ。今後の練習は、走りが小さくならないよう気をつけて行こうと思う。そして周りを無視して追い込める存在になろうと思う。

という事で、今回の反省と・次への課題は、
・アドレナリンを出して、頭を破壊する事。
・そして大きい走りを、頭に叩き込む事。
・引き続き身体作りをする事。→トルク・出力・絶対筋力・筋持久力

使用機材
バイク      ANCHOR プロトタイプ
コンポーネンツ SHIMANO XTR
ホイール     SHIMANO XTR
フォーク     SR SUNTOUR AXON 100mm(サンツアー)
ハンドル SHIMANO PROシマノプロ
ステム SHIMANO PROシマノプロ
シートポスト SHIMANO PROシマノプロ

サングラス KABUTO(OGK)プリマト・フォトクロミック.パールホワイトNXT調光
ヘルメット KABUTO(OGK)レジモス スペシャル・チームカラー
シューズ    SHIMANO SH-M315
インソール   友永さん特性インソール! (ERGO・MOTION) エルゴモーション!
ウエア      Wave One

サプリメント   SAVAS(明治製菓)
ピット イン リキッド
SAVASスポーツウォーター
パワーアミノ2500