contents

13/03/11

アンカーチーム PARIS-TROYESでVINCENT18位

【レース情報】

レース名とカテゴリー:PARIS-TROYES UCI1.2
日時:2013年3月10日
開催地:PROVIN,ILE DE FRANCE
距離:174KM


今シーズン2レース目のPARIS-TROYES、
このレースは前半は横風区間が多く、後半はアップダウンが激しく、コース的にももの凄く消耗の激しい展開が予想されるレース。
アンカーチームとしては前半の逃げを逃さず、後半の山岳ポイントで勝負する事が目標。
スタート後、選手全員が横風に注意しながら走っていたが25km地点で15人の集団に逃げられてしまう、
アンカーからは選手を送り込めなかった為、チーム全員で約20kmかけて逃げを吸収し集団を一つに戻した。
その後集団は平均スピード44.5km/hのハイスピードで進み勝負所の山岳区間へ突入すると、
各チームのエース級の選手らが待ち構えていたのように揃ってアタック。
アンカーからはトマがメイン集団から4人でアタックし逃げ集団に入る事に成功。
ところがトマが痛恨のパンク、、惜しくも逃げ集団から遅れを取ってしまう。
ゴールまで60km地点で先頭は14人。アンカーからは誰も逃げに入っていない状態になったままレースは進み先頭集団との差は2分前後から縮まらない。
ラスト20km地点でヴァンサンがアタックし追撃グループを結成、
その逃げは一時トップ集団に追いつきそうになるが、
結局29秒差で12人に逃げ切られてしまい、アンカーの最上位はヴァンサンの18位でレースを終了した。

【成 績】
Le Classement 2013

1 BIDEAU JEAN-MARC   BRETAGNE SECHE ENVIRONNEMENT (BSE) FRA
les 174,2 km en 4h12'17'' (moy. 41,430 km/h)
2 VAUBOURZEIX THOMAS   LA POMME MARSEILLE (LPM) FRA à 0:02
3 DUVAL JULIEN   ROUBAIX LILLE METROPOLE (RLM) FRA mt
4 DRUJON MATHIEU   BIGMAT AUBER 93 (BIG) FRA mt
5 HOORNE JEROEN   VC ROUEN 76 (VCR) FRA à 0:06
6 TARRIDE GREGOIRE   LA POMME MARSEILLE (LPM) FRA mt
7 PAIANI JEAN LOU   SOJASUN (SOJ) FRA mt
8 YATES ADAM   CC ETUPES LE DOUBS (CCE) FRA mt
9 SIMON MATHIEU  UV AUBE (UVA) FRA à 0:09
10 BRUN FREDERIC   BOURG EN BRESSE AIN CYCLISME (BBA) FRA mt

18 CANARD VINCENT   BRIDGESTONE ANCHOR (BGT) JPN 0:29遅れ
40 HATSUYAMA SHO   BRIDGESTONE ANCHOR (BGT) JPN 0:36遅れ
57 LEBAS Thomas   BRIDGESTONE ANCHOR (BGT) JPN   0:36遅れ
58 MONIER DAMIEN   BRIDGESTONE ANCHOR (BGT) JPN  0:36遅れ
71 伊丹 健二   BRIDGESTONE ANCHOR (BGT) JPN    1:30遅れ

タイムアウト:
井上 和郎

リタイヤ :
清水 都貴
平井 栄一


【水谷監督コメント】
今回のレースも結果だけを見れば良くは無い、前半の15人のアタック集団は逃してしまったし、後半のアタックポイントでも動けたのはトマだけだった。しかしこのレースでアンカーは前半の逃げを潰しレースを振り出しに戻すチーム力を見せつけることができたし、パンクさえ無ければ優勝さえ出来た調子の良いトマ、そしてヴァンサンも追撃に入り手応えのある走りを見せた。
チームは確実に調子を上げて来ているので、これからのレースで結果を残したい。


【伊丹選手コメント】
今シーズン2戦目のレースで、心身ともにフレッシュな状態で臨みました。
フランスに着いた直後は大寒波と雪で思うように練習できていませんでしたが、先週から少しずつ暖かくなり距離と高強度の練習をこなすことが出来ています。
コンディションも徐々に上がっており身体はいい状態です。

今回のレースは去年も走っており2回目なので、風が吹くポイントや登りの場所を把握していたため非常に走りやすかったです。

スタートしてからずっと集団の前方で走り、タイミングで逃げに乗れそうな時はアタックしてみたりしました。しかし、序盤にアンカーの選手が入っていない逃げを行かせてしまい、チームでローテーションして追わなければならない展開になったため、かなり脚を使いましたが、追いつくことが出来ました。
スタート後1時間でほぼ平坦なのにもかかわらず、平均ワットが270wと、すごく強度が高かったでが、RIS9が路面からの細かなバイブレーションを柔らげてくれたおかげで、身体への負担が減り最後まで高出力を出すことができ、勝ち逃げに乗ろうと努力しましたが残念ながら乗ることは出来ませんでした。

今日のレースを走って、もっと強度の高い練習を入れていく必要があると感じました。

次のレースは1-1 LA LOIRE ATLANTIQUEです。
コンディションは良いので頑張ります。

伊丹健治

スタート前
IMG_2380.jpg

モニエ選手マシーン
IMG_2379.jpg

マッサージャのミッシェルと平井選手
%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%80%80%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AB.jpg

スタート
%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88.jpg