contents

13/04/13

TOUR DU LOIR ET CHER 第3ステージ

TOUR DU LOIR ET CHER
第3ステージ
212km

【レース解説】
今回のステージレースで最長の212km、前半から70km地点迄は吹きさらしの横風区間。
どのチームも考えは同じで最初から集団をばらけさせる作戦で激戦開始。
昨日手応えのある走りをしたアンカーチームは自信を持って集団前方で展開。
清水、井上、トマの3人を含む30人位が先頭グループを形成し逃げの体制に入るが、
先頭グループ内ではあまり無いはずの落車が発生し、
惜しくもここでアンカー勢は全員遅れを取ってしまう。
清水はさらにホイールを破損してしまいニュートラルカーからすぐにサポートを受けられずにメイン集団からも大きく遅れを取ってしまう。
最初に清水がいた逃げ集団は180kmを3分19秒差で逃げ切り、アンカー勢は第2集団でゴール。
平井は清水を待って2人で集団復帰を目指すが、惜しくもタイムアウトになってしまった。

【水谷監督コメント】
この第3ステージは最悪なシナリオになってしまい残念。
昨日と同様に万全な展開をしていたにも関わらずに落車に巻き込まれて全てを失う結果となってしまった。しかしこれがステージレースであり、
まだ残り2ステージある。気を取り直してまた新たな挑戦に挑む。

【平井選手コメント】
第1、第2ステージは後半まではスローペースで残り30キロくらいから速くなりスプリントになっていました。
僕は第3ステージも1番距離が長いので同じくスローペースで進みスプリントになると考えていましたがその考えが間違いで、スタートからフランスのチームなどが横風を使い1列棒状で集団がすぐに3つ位に分裂しまい、僕は後ろの方の集団で、前はそのままペースが落ちず遅れた集団はどんどん離され追い付けませんでした。
残念ながらゴール地点までいったらタイムアウトの結果、レース展開は毎日変わるので、僕の考え方が良くなかったと思います。


第3ステージ成績
1 THOMEL TINO 5h04'29´´
2 DUPONT TIMOTHY +0
3 TE BRAKE REMCO +0

46 LEBAS THOMAS +3'19
50 INOUE KAZUO +3'19
62 MONIER DAMIEN +3'19
104 CANARD VINCENT +13'30


スタート前
DEPART.jpg


マッサージ中の井上
MASSAGE.jpg