contents

13/05/21

Tour of Japan 第2ステージ、勝負は明日のステージへ。

レース名 : Tour of Japan
カテゴリー : UCI 2.1 ステージレース
総合距離 : 581,85km 6ステージ
ステージ 1: 2.65km 個人タイムトライアル
ステージ 2: 160.7km
ステージ 3: 148km
ステージ 4: 11.40km
ステージ 5: 146.4km
ステージ 6: 112.70km
開催地 : 堺、美濃、南信州、富士、伊豆、東京、
開催日 : 2013年5月19日から26日迄

【レース解説】ステージ2 美濃周回コース 11km+21,3km x 7周 160,7km
第2ステージから遂にロードレースがスタート、21kmのフラットなコースに一つ山岳ポイントがある周回コースのレース。
展開は予想通りに序盤から2人が逃げ、メイン集団はその逃げを泳がす感じで直ぐにタイム差が2分以上に広がる、ラスト100km地点ではタイム差は10分以上にも開く。
しかしこのステージはスプリンターが好むレース展開、数多くのスプリンターを抱えているチームは後半になり集団を引き始め差を確実に縮める。
残り2周回位で逃げは吸収され次の勝負どころのラストの登りへ突入、アンカーとしても攻撃をするが惜しくもスプリンターチームの牽引力に負けてしまいレース終了、優勝はチームKSPOのパク選手。


【成 績】

第2ステージ

1位 PARK Sung baek, KSPO 3’59’’23
2位 MERLO Michele, VINI FANTINI +0

3位 RICHEZE Maximiliano, LAMPREMERIDA +0


14位 LEBAS Thomas, ブリヂストン アンカー +4”
20位 MONIER Damien. ブリヂストン アンカー +6”
27位 伊丹 健治, ブリヂストン アンカー +6”
28位 清水 都貴, ブリヂストン アンカー +6”
30位 初山 翔, ブリヂストン アンカー +6”
40位 井上 和郎, ブリヂストン アンカー +6”


第2ステージ総合
1位 PARK Sung baek, KSPO 4’02’’50
2位 MERLO Michele, VINI FANTINI +02’’

3位 西谷 泰治, 愛三工業レーシング +02’’

18位 井上 和郎, ブリヂストン アンカー +17’’
29位 初山 翔, ブリヂストン アンカー +21’’
30位 LEBAS Thomas, ブリヂストン アンカー +21”
32位 MONIER Damien. ブリヂストン アンカー +22”
35位 伊丹 健治, ブリヂストン アンカー +22”
38位 清水 都貴, ブリヂストン アンカー +25”

【チーム総合順位】
1位 愛三工業
2位 LAMPRE MARIDA +01”
3位 TEAM NIPPO +02”

9位 ブリヂストン アンカー +27”


【水谷監督のコメント】
このステージでは和郎に是非逃げに乗り勝利を掴んでほしかったが失敗に終わり残念、しかし本当の勝負は明日の南信州ステージから、選手全員の素晴らしい走りを期待する。

選手全員をサポートする天才マッサーの安見さん。
%E5%AE%89%E8%A6%8B%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%BC.jpg

金田メカのジョークで笑うスタート前の選手
%E7%AC%91%E3%81%84.jpg

選手を怪がから守る内田ドクター、リードドーピングコントロールオフィサー本田氏
DOCX2.jpg

ゆるキャラと記念写真、ダミヤンのお気に入り
%E3%82%86%E3%82%8B%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9.jpg

ペースアップする伊丹選手
%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%99%E3%82%8B%E4%BC%8A%E4%B8%B9%E9%81%B8%E6%89%8B.jpg