contents

13/06/01

Tour de Kumano 第2ステージ、アンカー総攻撃!

5月30日から6月2日迄 Tour de Kumano

レース名 : Tour de Kumano
カテゴリー : UCI 2.2 ステージレース
総合距離 : 320,6km 4ステージ
プロローグ: 0,7km 個人タイムトライアル
ステージ 1: 110,6km
ステージ 2: 109,3km
ステージ 3: 100km

開催地 : 新宮、赤木川清流コース、熊野山岳コース、太地半島周回コース、
開催日 : 2013年5月30日から6月02日迄。

【レース解説】第2ステージ 熊野山岳コース
今日は山岳ポイントが3回ある難しいコース、すべてのチームが総合を狙って動いてくる重要なステージ。
アンカーは前半から積極的に攻撃を仕掛けて行く作戦。
レースはスタートから早くも5人の逃げが形成され、タイム差1分半を保ち最初の山岳ポイントの千枚田に入る。
先頭集団にアンカーからは誰も入っていない為、伊丹が単独アタック!間髪入れずトマもアタックしレースを激しくすると、
後方からニッポのバリアーニが自ら足を使い追ってくる。
頂上を前に伊丹、トマを含む数人が先頭を捉え、逃げ集団が形成されるが、
カーブの多い下りを下りきると後続も追いつき集団は一つになる。

次の札立峠は今大会最大の難所、この登りの位置取り争いをしている時に集団にバイクが無理に入って来た為に落車が発生。
数人が怪我をして調子の良かった伊丹選手も足止めを食らう。
レースは登りに入りすぐにアンカーのカナールがアタック。
トップグループはアンカーのカナールとモニエそしてニッポのアレドンド。
しかし、札立峠の頂上を前にニッポ勢が一気にスピードアップしてアレドンドとヴァリアーニが抜け出し独走体制に入られてしまう。
後方ではアンカーのトマとモニエが数人の選手と共に追走し、最後の千枚田でのタイム差は45秒。
トマ、モニエが入る追走集団ではヴィーニのモングッジなどがアタックを仕掛けてくるがモニエが集団をまとめて後半勝負へ持ち込む。
アンカー勢が積極的に集団を牽引し残り10kmでのタイム差は30秒まで詰めるが、他チームの協力を思うように得れない。
ラスト5kmでタイム差は15秒まで詰まり、逃げるニッポ二人を捕まえて集団ゴールを期待したが結局逃げ切られてしまう。
優勝はニッポのアレドンド。

【成績】
1位 ARREDONDO Julian David, Team NIPPO-DE ROSA 2:29'17"
2位 BALIANI Fortunato, Team NIPPO-DE ROSA +0"
3位 EARLE Nathan, Huon-Genesys +20"

6位 LEBAS THOMAS, ブリヂストンアンカー +23"
9位 MONIER Damien, ブリヂストンアンカー +28"
11位 CANARD VINCENT, ブリヂストンアンカー +4'29"
33位 伊丹 健治, ブリヂストンアンカー +6'29"
40位 井上 和郎, ブリヂストンアンカー +11'40"
79位 平井 栄一, ブリヂストンアンカー +13'44"

【総合成績】
1位 ARREDONDO Julian David, Team NIPPO-DE ROSA 5:09'57"
2位 BALIANI Fortunato, Team NIPPO-DE ROSA +0'05"
3位 EARLE Nathan, Huon-Genesys +0'24"

6位 LEBAS THOMAS, ブリヂストンアンカー +0'34"
9位 MONIER Damien, ブリヂストンアンカー +0'39"
12位 CANARD VINCENT, ブリヂストンアンカー +4'40"
30位 伊丹 健治, ブリヂストンアンカー +6'41"
42位 井上 和郎, ブリヂストンアンカー +11'50"
65位 平井 栄一, ブリヂストンアンカー +17'53"


【チーム総合順位】
1位 Team NIPPO-DE ROSA, 7:58:’11”
2位 ブリヂストンアンカー, +0:05’00”
3位 Team UKYO, +0:06’32”


【水谷監督のコメント】
昨日のミスを生かして今日のアンカーはレース最初から総攻撃に出た。
しかし結果的に逃げ切られてしまい大変に悔しい思いをした。
今回のレースで勝つことは全く不可能では無く、大きな可能性を感じたステージでもあった。
チームとして皆ベストを尽ているものの、今回期待していた伊丹が惜しくもバイクに邪魔されてしまい、
個人優勝も総合成績にも失ってしまう事態になったのは残念。
これからも常に優勝できると言う可能性が有る限り情熱を持って走り続けて欲しい。

明日は最終ステージ、最後のチャンスを全員で取りに行く。