contents

13/06/04

Tour de Kumano, 第3ステージ 平井4位!

5月30日から6月2日迄 Tour de Kumano

レース名 : Tour de Kumano
カテゴリー : UCI 2.2 ステージレース

総合距離 : 320,6km 4ステージ
プロローグ: 0,7km 個人タイムトライアル
ステージ 1: 110,6km
ステージ 2: 109,3km
ステージ 3: 100km

開催地 : 新宮、赤木川清流コース、熊野山岳コース、太地半島周回コース、
開催日 : 2013年5月30日から6月02日迄。

【レース解説】第3ステージ 大地半島周回コース 10km x 10周、100km
ツール・ド・熊野の最終ステージ。
コースは一箇所だけ坂があり絶好のアタックポイントになるが、
タイム差を付けてのゴールは難しく大集合ゴールスプリントが予想される。

レースは予想通りに前半から数人の逃げが決まりニッポとヴィーニがレースをコントロール。
アンカー勢は最後の動きに集中して集団で待機。レース中は落車やメカトラが多く各チームカーは大忙しで対応。
そしてアンカーも井上選手が落車に巻き込まれてしまうが、メカニックスタッフのバックアップで何とか復帰。
レース後半にると、リーダーチームのニッポがアタックをさせないようにスピードアップし集団は一列状で進む中、
ラスト2周の登りで伊丹選手が渾身のアタック!タイム差15秒でラスト周回へ突入するが、
最後の坂で惜しくも伊丹は集団に吸収されてしまい大集合のゴールスプリントへ。

レース展開の様子を伺いながら足を貯めていたアンカーのスプリンター平井がチームメイトのアシストを受けて最終体制へ入る。
特にトマの仕事振りは抜群で平井選手を最高の場所に送り込む!
平井はラスト200mで絶好の位置で挑むも突然前の選手が中切れ!
焦って前との距離を詰め、そのままの勢いでスプリント開始し、惜しくも4位でゴール!
優勝はヴィーニのポッゾ マティア。


【成績】
1位 POZZO Mattia, VINI FANTINI 2:28'41"
2位 MERLO Michele, VINI FANTINI +0"
3位 CAMPAGNARO Simone +0"

4位 平井 栄一, ブリヂストンアンカー +0"
11位 LEBAS THOMAS, ブリヂストンアンカー +0"
22位 MONIER Damien, ブリヂストンアンカー +0"
26位 CANARD VINCENT, ブリヂストンアンカー +0"
65位 伊丹 健治, ブリヂストンアンカー +2'55"
70位 井上 和郎, ブリヂストンアンカー +3'21"


【総合成績】
1位 ARREDONDO Julian David, Team NIPPO-DE ROSA 7:38'38"
2位 BALIANI Fortunato, Team NIPPO-DE ROSA +0'05"
3位 EARLE Nathan, Huon-Genesys +0'24"

6位 LEBAS THOMAS, ブリヂストンアンカー +0'34"
9位 MONIER Damien, ブリヂストンアンカー +0'39"
12位 CANARD VINCENT, ブリヂストンアンカー +4'40"
31位 伊丹 健治, ブリヂストンアンカー +9'36"
55位 井上 和郎, ブリヂストンアンカー +15'11"
57位 平井 栄一, ブリヂストンアンカー +17'53"

【チーム総合順位】
1位 Team NIPPO-DE ROSA, 7:58:’11”
2位 ブリヂストンアンカー, +0:05’04”
3位 Team UKYO, +0:06’32”

【水谷監督のコメント】
最後のステージはスプリンターの戦いになり、
アンカーが期待する若手選手の平井が4位入賞してくれた。
私もスプリンターだったので良くわかるのだが、
集団スプリントでこの成績を出せるという事は、彼が優勝出来る日も遠く無いと感じている。
そして今回のレースもまたニッポの厚い壁にぶち当たり、負けてしまった。
しかし、今回のレースで勝つ事は可能であと感じた。


普段は猫の様に大人しい栄一、スプリントになればライオンキング!
image.jpg