contents

13/07/22

BAオフィシャルカメラ・レポVol.36 「おおお、これはロードレースと同じじゃん」。“いつもの”メインスタンド前、広―い道幅の舗装路に、スタート/ゴールゲートがほれ、ドーン! と。第26回全日本MTB選手権大会は、これまで主要な国内ロードレースの舞台となってきた、日本サイクルスポーツセンターで初の開催となった。

「XCOで舗装路ゲートと言えば、、、あッ、あの時も見たな…」、それはフランス、ラ・ブレスで開催されたMTB W杯だ。「ほほう、ここ日本サイクルスポーツセンターは、ついに主だった自転車競技の全てを許容する施設であることを証明したんだなぁ」と、感慨深げになぜかの重鎮風。そして今年も、我らがブリヂストンアンカーから、XCO男子エリートに平野星矢、そしてU23に沢田時、2名の選手が出場した。


7月20日ドン天、上空を覆う低い雲は雨の可能性も思わせる。朝9時、アンカースタッフが選手の受け入れ準備を完了する頃、気温は25.2℃、湿度52%。時おり吹く強めの西風と相まって、近頃の猛暑からは想像もできないほど涼しく心地良い。選手と同様に?、山の中を駆け回る予定のオフィシャルカメラにとっては、この上ないコンディションだ。しかし出場チームにとって、レース中に雨天となるのか、あるいは雲が切れて気温が急上昇するのかは周知の通り、レース展開に大きな影響を及ぼす要素となる。気象庁の天気予報では、降雨確率20~30%、最高気温29℃と思わせぶりだ。

さて、今年のコースは舗装路にスタート/ゴールゲートが設置されてはいるが、XCOらしい深い山中のアップダウンは勿論、沢を渡るセクションもある。そして観客スタンドを突っ切る“歩きやすい”コンクリート路面のストレート、はたまた歩いても足を取られるような、雨水で細く縦に地割れした、長い大粒砂利の登坂もある。
全体を一見するとそう高い難度ではない高速コースとも思えるが、実はこれまでとは異なる“隠れキャラ (罠) ”がそこかしこに潜む、テクニカルな一面を併せ持ったコースなのではないか?と、勘繰れる4.6㎞の周回コースだ。
レーススタートはU23(スタートループ+6周回)、エリート(スタートループ+8周回)の順で、それぞれ11時30分、13時30分と予定されていた。

9時57分、トキが沢田ファミリーと共にチームブースにやって来た。「良く眠れましたし、時差ボケも取れました。ヨーロッパで走っているようなイメージで今日も行けると思います。涼しくていいのですが、風が強いのでキツそうかなと思います」と、笑顔で話すトキ。
2013.07.20.1.jpg

10時25分、帰国して久しぶりに会った仲間とコースを眺めながら、しばしリラックスタイム。
2013.07.20.2.jpg

10時46分、アップ開始。右手前はビクター監督、奥は愛娘のルー。
2013.07.20.3.jpg

11時08分、トキ出る!
2013.07.20.4.jpg

11時37分、アップ中のトキ。クラウチングはオフィシャルカメラを見つけてサービス。ハヤッ! 実はこの時、スタート時間が11時50分へ変更となり、2度目のアップ中。しかしトキは冷静、スタートへ向けリズムを崩すことはない。
2013.07.20.5.jpg

そして11時50分にスタートしたU23先頭集団が、最初の高速コーナーへやって来た。
2013.07.20.6.jpg

トキ! レース中盤に差し掛かる頃、雲が切れ気温は30.3℃まで上昇。
2013.07.20.7.jpg
2013.07.20.8.jpg
2013.07.20.9.jpg

トキ、キタ――――ッ!
2013.07.20.10.jpg

ビクター監督とアイシングの準備をした鈴木雷太アドバイザーが直ぐにリカバリーを行う。
2013.07.20.11.jpg

13時14分、星矢がチームブースにやって来た。エリートのスタートは14時丁度に変更されている。
2013.07.20.12.jpg

トキのレースで得た情報を、星矢に伝えるビクター監督と雷太アドバイザー。
2013.07.20.13.jpg

13時24分、星矢、出る!
2013.07.20.14.jpg

13時56分、スタートライン。
2013.07.20.15.jpg

14時、男子エリート、スタート!
2013.07.20.16.jpg

2周回目、落差およそ3メートル!
2013.07.20.17.jpg

長い大粒砂利の登り。雨水の浸食で、雪道のワダチのような縦方向に細い溝が出来ている個所も。星矢は3番手を走行中。
2013.07.20.18.jpg

星矢!
2013.07.20.19.jpg
2013.07.20.20.jpg
2013.07.20.21.jpg

激しい3位争いが会場を盛り上げる。
2013.07.20.22.jpg

15時39分、星矢がゴールラインを通過した。
2013.07.20.23.jpg

ゴール直後のトキ、「キツかった。本当にキツかったです」。そして星矢、「かっこ悪いレースをしてしまってすみません。キツいレースにしてしまいました」と、レースを振り返った。
この日深夜、トキは次のW杯出場のためビクター監督らとフランスへ発ち、星矢は強化トレーニングのために、長野県で合宿を行う。早く次のレースが観たい。
オフィシャルカメラは?!、なんと翌朝フランスへ飛びロードチームと合流。23日から開催されるツール・アルザス(全6ステージ)を激写する予定です。乞うご期待!!

オオマエミノル