contents

13/07/28

BAオフィシャルカメラ・レポVol.42 ツール・アルザスEtape5(第5ステージ) SELESTAT/MARKSTEIN 176.4km、最も険しい山岳コース。ツール・アルザス総合を賭けた勝負のEtape5。ここまでの4日間は、今日の為にあったと言ってもいいだろう。「さあ、行くぞ!」

7月27日(土)いよいよ決戦のEtape5(第5ステージ)だ。平坦なステージでは守り、山岳ステージでは攻め、出し惜しむことなくアンカーの力をぶつけてきた。それは勝利を手繰り寄せる、最も険しいEtape5を攻略するためだった。

11時45分、スタート地点がある街、SELESTATに到着し、今日は日陰に陣取ることが出来た。厳しい暑さ、日陰でも温度計は34℃と表示している。
2013.07.27.1.jpg

その頃、スタートゲートでは未来の自転車選手たちが、“チッビッ子レース”の真っ最中。キラキラ光る瞳に心が洗われるのでした。
2013.07.27.2.jpg

12時17分、本日のチーム・プレゼンテーション。ダミアン、シャイなの?
2013.07.27.3.jpg

12時40分にスタートしたパレードは、道幅およそ車1台分の“裏路地?”を行く。道路左右のカフェやバーには、冷たいドリンクを片手にゆったりとレースを眺める人々が。羨ましい。
2013.07.27.4.jpg

13時50分、Etape5、2つ目のGPM(山岳賞ポイント)。左の山裾に見える街を通過し、右の道から上がって来る。間もなく選手たちが通過するが、日陰の気温が35℃、湿度21%。日向に出ると、体感温度は40℃以上。
2013.07.27.5.jpg

16時21分、最初の第1級山岳頂上付近から一気に700mを駆け下りる。1人で先行した選手を、第2集団が40秒差で追う。先頭はトマ、残65㎞。
2013.07.27.6.jpg

先頭がゴールし、およそ3分20秒後、ミヤタカが静かにゴールした。
2013.07.27.7.jpg


明日はいよいよ最終Etape6(第6ステージ) RIBEAUVILLE/CEMAY 139.6km。フラットな前中盤、後半に2級山岳をひとつ含むコースを2周回し、ゴールを向かえる。アンカーはミヤタカ、トマ、ダミアン、ショーの4選手が走行する。

2013.07.27.8.jpg
2013.07.27.9.jpg

オオマエミノル