contents

13/09/22

9月22日 経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ、

レース名 : 経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ

カテゴリー :JBCF 全日本実業団大会
総合距離 : 174km(29x6km)
 
開催地: 群馬サイクルスポーツセンター
開催日: 2013年9月22日

【レース解説】
Tour de Hokkaidoから一週間後のチャンピオンシップ、各チームで体調を崩した選手が多い中でのスタートとなる。予想通り前半からアタック合戦になりマトリックスの選手が一人逃げを決める、タイム差は直ぐに開きレース中盤では7分以上になる。さすがにラップされる可能があるのでシマノ勢が集団を引き活性化させる、その後はトマが中心となりタイム差を縮めレースを振り出しに戻す。その後の激しい争いの中で13人の決定的な逃げ集団が結成されシマノ勢は5人も入るが、アンカーは翔が一人と最悪な展開となる。
レースは完全にその13人の逃げで勝負する中、トマがまたペースを上げ振り出しに戻そうとするが上手く行かない、今回のアンカーは勝負どころで動けなかった所で勝敗がついた。
最終的にスタートアタックを決めたマトリックスのビセンテ・ガルシアがスプリントでシマノの畑中選手を下し貫録の優勝を決める。

【成績】
1位 ビセンテ・ガルシア、マトリックスパワータグ 4:31’24” 38.46km/h
2位 畑中勇介 シマノレーシング 同タイム
3位 山下貴宏 Team UKYO +36s

8位 初山翔 ブリヂストンアンカー +3’08’’


平井栄一、完走
伊丹健治、完走
六峰亘、完走
ダミアン モニエ、完走
井上和朗、完走
トマ ルバ、完走