contents

14/04/30

UCI MTB World Cup 2014 Cairns, Australia 結果報告

先週末、オーストラリア・ケアンズにて行われたワールドカップ第2戦に出場したBRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAMの結果は下記になります。

U23カテゴリー(スタートループ1周+5周回)
ジュリアン選手 / 5位、沢田時選手 / 19位(-1Lap)
_SL44051.jpg
Photo/Hiroyuki.NAKAGAWA

_SL43984.jpg
Photo/Hiroyuki.NAKAGAWA

エリートカテゴリー(スタートループ1周+6周回)
斉藤亮選手 / 44位(-1Lap)
_SL45567.jpg
Photo/Hiroyuki.NAKAGAWA


高温多湿の蒸し暑さと連日降り続く雨の影響もあり、選手たちは過酷なサバイバルレースとなりました。
その中でもジュリアン選手はW杯開幕戦の9位から、今レースは5位と徐々に調子を上げてきています。
沢田選手はレース序盤のクラッシュにより機材トラブルを抱えてしまいましたが、持ち前の粘り強さを発揮し19位でのフィニッシュ。
初参戦となった斉藤選手は落ち着いたレースを展開するものの、W杯の難コースに悪戦苦闘しながらも44位でレースを終えました。

選手個々に課題や反省点はありますが、チームとしての手応えは感じています。
この経験と課題をしっかりと次戦に活かせるよう気持ちを切り替えていきたいと思います。

皆様からの多大なるご声援本当にありがとうございました。
今後ともBRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAMの活躍にご期待下さい。