contents

14/08/06

Tour de la Guadeloupe (UCI 2-2) 前半戦終了! 現在、個人総合2位トマ選手/3位ダミアン選手、山岳賞はトマ選手

レース名 : 67ème Tour Cycliste International de la Guadeloupe.
カテゴリー : UCI 2.2 AMERICA TOUR
開催地 : La Guadeloupe, カリブ海、フランス領土。

全10ステージ+Prologue
8月01日 Plorogue チームタイムトライアル 5,5km.
8月02日 1ère ETAPE : Pointe à Pitre - Deshaies, 162,5km.
8月03日 2ème ETAPE : 1er Tronçon : Deshaies - Baillif, 100km 2ème ETAPE : 2ème Tronçon : Basse Terre - Saint Claude, 6,3km.
8月04日 3ème ETAPE : Basse Terre - Morne à l'Eau, 152km.
8月05日 4ème ETAPE : Morne à L'Eau - Vieux Habitants, 142,6km.
8月06日 5ème ETAPE : Vieux Habitants - Capesterre, 149km.
8月07日 6ème ETAPE : Abymes - Abymes, 160km.
8月08日 7ème ETAPE : Capesterre - Bouillante, 145km.
8月09日 8ème ETAPE : 1er tronçon : Bouillante - Lamentin, 95km.
8ème ETAPE : 2nd Tronçon : Lamentin - Lamentin, 17km. 個人タイムトライアル.
8月10日 9ème ETAPE : Lamentin - Basse Terre, 121km.

【参加選手】
1 - 清水都貴
2 - LEBAS THOMAS
3 - MONIER DAMIEN
4 - 椿大志
5 - 内間康平
6 - 寺崎武郎

【プロローグ(チームタイムトライアル)】

このプロローグは総合成績に関係無いので、アンカーは流してのゴール。
優勝はBMC チーム。

※レース結果
1 BMC DEVELOPMENT TEAM les 5,5 km en 6'30''39
2 ISD CONTINENTAL TEAM 06:40:60
3 TEAM DIFFERDANGE LOSCH 06:46:70
4 REGIONALE ASBM/PPN 06:47:78
5 CLUB MARTINIQUE 06:48:96
6 VC GRAND-CASE 06:50:26
7 CONVERGENCE SC ABYMIENNE 06:54:81
8 US LAMENTINOIS 06:55:52
9 UV NORD 06:56:23
10 EXCELSIOR 06:57:14
11 VO2C 07:00:33
12 UC CHOLET 49 07:02:07
13 BRIDGESTONE-ANCHOR 07:04:52
14 JC ABYMES 07:12:29
15 VELO CLUB SAINTANNAIS 07:13:88
16 RESONEX GWADA BIKERS 118 07:16:65
17 UV MARIE-GALANTE 07:17:60
18 ESPOIR DU SUD 07:19:22
19 ORANGE 07:19:85
20 ASC ZEB A PIK 971 07:31:08
21 UC MOULIENNE 07:34:08
22 AC LEVANT 07:43:17
23 VC TROIS-RIVIERES 07:52:48

%E9%83%BD%E8%B2%B4%EF%BD%B2%EF%BE%9D%EF%BE%80%EF%BE%8B%EF%BE%9E%EF%BD%AD%EF%BD%B0.jpg
写真:昨年大活躍した都貴選手は現地で大人気!インタビュー取材も多い!


【第1ステージ】内間康平選手の激走で区間8位!

この第1ステージは昨年同様に逃げが決まりやすく、
スタートアタックを決めた康平と大志が22人の逃げに乗る事に成功する。

タイム差は最高で5分以上に開き、逃げ遅れた後方集団から横風を使い都貴達が追撃に挑むが、
他のチームのと協調性は悪く追撃は失敗に終わる。
逃げ切りが決まった集団からラスト30kmを切って作戦通りに康平がアタック、
一気に集団は崩壊して康平は独走に入りゴールを目指す。

最後の15km位では康平のトップグループは10人に絞られアタック合戦が始まる、
何度か康平もアタックに反応するが残念ながら遅れを取ってしまう。
最終的に内間選手は8位でゴールしメイン集団は6分遅れでのゴール。
優勝はベネズエラ人のMURRIOL ORTIZ

 ※第1ステージ成績
 1. MURILLO Juan 03:43:45
 2. SHEYDYK Oleksandr +0:03
 3. BOMME Clément +0:30
 ***************************
 8. 内間 康平 +1:45


【第2ステージa(午前)】ダミヤン攻めの走りで区間5位!

この第2ステージは午前と午後に2ステージあり、
午前は昨年に都貴が惜しくもパンクで優勝を逃したステージであり、
午後はグアドゥループで有名な山岳でのヒルクライムTT。

午後の100kmのレースは前半からのアタック合戦、勾配のきつい坂が連続し選手を苦しめる。

都貴が積極的に攻めるがマークがきつく逃にがせては貰えない。
その後のカウンターで康平とダミヤンが9人の逃げを決めゴールを目指す。
後方集団はリーダーチームが崩壊しアンカーに取っても絶好のチャンスになる。

ラスト30kmに入った山岳賞でダミヤンがアタック、
すぐにトップ集団は崩壊しダミヤンは独走体制に入る。

ラスト10kmでカリビアンスコールに降られ危険な状態になり、
コーナーが多い町中でスピードダウンしたダミヤンが捕まってしまい、
そのカウンターで一人に逃げられ康平とダミヤンは優勝を逃がしてしまう。

 ※第2ステージa成績
 1. COENEN Johan 2:31:07
 2. DAKTERIS Janis +0:19
 3. CHANCRIN Camille +0:19
 *************************
 5. ダミアン・モニエ +0:21
 7. 内間 康平 +1:52


【第2ステージb(午後)】個人タイムトライアル、ダミヤン惜しくも2位!

ヒルクライムの個人TTで絶好調のダミヤンがトップタイムを叩き出す、
しかも中盤迄はトマがトップタイム保持者であり表彰台独占だったが、
スタート最終組がダミヤンのタイムを20秒も上回る驚きのトップタイムでゴール!
残念ながらまたも区間優勝はお預けに終わる、
まだ残り6ステージあるので十分チャンスを活かし攻めて行きたい。

 ※第2ステージb成績
 1. MURILLO Juan      00:17:42
 2. ダミアン・モニエ +0:21
 3. NAVS CARVAJAR Jhon Alberto +0:34
 4. トマ・ルバ +0:40


【第3ステージ】若手の椿選手が攻めの走りで4位!

%E7%AC%AC3%E5%A4%A7%E5%BF%97.jpg
写真:攻めてステージ4位の椿選手!

今日のレースは今迄以上のアタック合戦であり、アンカーも全員で攻撃して行く中、
ただ一人アタックを成功させた大志。9人の逃げに入りタイム差は最高で4分近くに広がる。
ラスト50kmで単独アタックを挑み失敗に終わるが好調振りを見せた大志。
最終的には地元の選手の優勝となるが、厳しかったステージでこの走りをした事は今後が楽しみだ。

 ※第3ステージ成績
 1. LANDRE Teddy 03:51:15
 2. POUVIN Cédric +0
 3. TIETEMA Bas +0
 4. 椿 大志 +0


【第4ステージ】トマ選手と寺崎選手がワンツーフィニッシュ!!

4stage%EF%BD%BD%EF%BE%80%EF%BD%B0%EF%BE%84%E5%89%8D.jpeg
写真:第4ステージ、スタート前のトマ選手とダミアン選手

この第4ステージで峠越えは無いが、グアドゥループの西側海岸沿いを走る最も厳しいスーテジでもある。
もちろんレースはスタートから全開のアタック合戦、
都貴も前半から積極的にアタックして逃げるが、マークされて逃げを決めるのは難しい。

約30kmを過ぎて集団が落ち着く頃にトマが10人程の逃げに乗り、その後は武郎と都貴が合流。
20人程の集団が出来ゴールを目指すがゴールに近ずくに連れて起伏が激しくなり脱落者が続出、
その中から、都貴が激坂でアタック!

20km程での独走で都貴は集団に捕まるが、今度はトマが発射!

ラスト30kmでのアタックなのでリスクも大きいが、
集団全体の消耗もかなり激しく力勝負に出たトマロケット。

後方の集団には武郎が絶妙なアシストでライバルチームの追撃を潰し、
さらに最後には他の選手を振り切る走りをしての好調振り。

ラスト10kmはタイム差も全く情報が入らない豪雨の中、
トマは独走を続け最終的に武郎に約2分差を付けて単独ゴールで優勝!

その後の武郎は2位でアンカーワンツーを決め、
総合成績もトマがジャンプアップを成し遂げる。

4Stage%EF%BD%B2%EF%BE%9D%EF%BE%80%EF%BE%8B%EF%BE%9E%EF%BD%AD%EF%BD%B0.jpeg
写真:ゴール後のインタビューを受けるトマ選手/寺崎選手


4stage%E3%83%88%E3%83%9E%E6%AD%A6%E9%83%8E.jpeg
写真:第4ステージ表彰


4stage%E3%83%88%E3%83%9E%E5%B1%B1%E5%B2%B3%E8%B3%9E.jpeg
写真:第4ステージ終了時点、山岳賞リーダージャージはトマ選手が獲得!


 ※第4ステージ成績
 1. トマ・ルバ 3:35:04
 2. 寺崎武郎   +1:58
 3. BIHEL Cesar   +1:58


 ※個人総合成績(第4ステージ終了時点)
 1. MURILLO Juan 14:03:31
 2. ダミアン・モニエ +3:31
 3. トマ・ルバ +3:42
 *************************
 23. 清水都貴      +16:45
 25. 寺崎武郎        +17:43
 33. 内間康平       +25:25
 36. 椿大志 +29:28


 ※山岳賞(第4ステージ終了時点)
 1. トマ・ルバ   21pt
 2. 清水都貴    18pt
 3. COENEN Johan  14ptT


《レースレポート・コメント:水谷監督》