contents

15/03/23

MTBチーム US CUP#1 / Bonelli Park UCI/C1 レースレポート

US CUPに参戦中の斉藤選手からレースレポートが届きました。


2015 US CUP#1 / Bonelli Park UCI/C1 レースレポート
大会名:2015 US CUP#1 / Bonelli Park
期日:2015年3月14日(土)
会場:アメリカ / SanDimas / Bonelli Park
天気/気温:晴 / 33℃
競技種目:男子エリート / スタートループ1周+7周回(4.5km)
参加数:120名
Web:http://uscup.net/

初参戦となるアメリカでのUS CUP。今シーズンからUS CUPがC1、HCなど、カテゴリーが高いレースに設定されたため、世界各国の名立たるライダーがアメリカの地に集結した。ワールドカップ並に参加人数も多く、UCIポイント獲得を賭けた正にガチンコ勝負の戦い。期待と不安を抱きながらレース4日前に現地入りした。キプロス遠征から引き続きアメリカへと渡り、長距離移動や連戦でのレースが続いたため疲労が抜けない・・・。体調管理を徹底するものの、時差ボケの影響もあり睡眠がとても浅い。シャキッとしない身体の状態が続いたが、日に日に回復傾向へと向かい、気持ちも徐々にレースモードへと切り替わっていく。大事なレースだからといって舞い上がっても、興奮してみても意味がない訳で、いつも通りのアプローチでレースまでの期間を消化していった。カリフォルニア独特のカラッとした気候と照り付ける太陽がとても暑く感じる。レース前日にコース試走を済ませ、勝負所やレースでのイメージを思い描く。コースの半分以上はシングルトラックで構成され、アップダウンが連続するタフなコース設定。高さ40cm位の丸太が3連続で立ち並び、ここを走破するのに苦戦する・・・。色々と考えてもナーバスになってしまうので深く考えるのをやめた。自分なりのイメージと割り切りの気持ちに切り替える。レース当日は6時半に起床していつも通りに朝食。食休みをしてから40分のライドで身体と筋肉をほぐし感覚を研ぎ澄ます。その後は部屋でゆっくりと寛ぎ、入念に準備をしながら、レース2時間前に自走で会場入り。この日は特に暑さと照り付ける日差しが強く気温は33℃。スタートオイルを脚に塗り込みセルフマッサージ。チームメカニックのメンテナンスによりバイクの準備や調整も問題なし。スタート位置は2列目真ん中と申し分ない位置。コースの難易度、気温、、、サバイバルレースが予想される。スタートが肝心。集中力を高め、スタートダッシュに神経を集中させる。スタートの号砲と共に良い反応でスタートダッシュに成功。しかし・・・スタートループの下り区間で隣のライダーとハンドルがぶつかってしまい大落車・・・。ハンドルやブレーキが大幅に曲がり、レース復帰までかなりの時間を費やしてしまった。最後尾になってしまったが、落ち着いてリスタート。早々に前の集団に追い付くものの、シングルトラックが多いため流れが悪い。ストップ&ゴーを繰り返しながら、1人ずつパスしていく。先頭集団は遥か彼方へ・・・。落車での身体の痛みやブレーキの位置など違和感があり、本来の走りへとスイッチ出来ないイライラ。辛さから途切れそうになる集中力を懸命にキープ。先頭とのタイムギャップを確認しながら周回を重ね、必死にペースを維持。大きな順位変動はないが、少しずつペースダウンしてくる選手をパスしていくのが精一杯。先頭とのタイムギャップを考えると完走出来るギリギリのところ・・・。最低でも完走しなければと追い込み続けるが思いの外ペースを上げられない・・・残念ながら残り2周を残して80%ルールによりレースを降ろされてしまった。十分に給水を取らなかった影響からレース後は若干脱水症状で両脚が痙攣。落車してしまったこと、完走出来なかったこと、悔しさと虚しさは残るが、これも次へのステップと捉えて前向きに捉えようと今は思える。ヨーロッパとはまた一味違う舞台を肌で感じ、文化の違いや楽しみ方の違いを改めて認識させられた。チームやサプライヤー様の協力とご支援、ご理解、たくさんの方々にサポートして頂けることで競技だけに専念できる環境を提供してもらっている。だからこそ自分たちはもちろん日々努力、進化をしていかなければならないし、結果を出さなければならない。この悔しさと反省、経験をしっかりと次週のレースに活かしリベンジしたい。
日本で、現地で、たくさんの方々に応援・サポートして頂き心から感謝しています。更に上を目指し飛躍していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

                 BRIGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM 斉藤 亮


【使用機材】
バイク:ANCHOR / XR9(Sサイズ)
コンポーネンツ:SHIMANO / XTR DI2(FC-M9000-2) 36T-26T
ホイール:SHIMANO / XTR WH-M9000-TL-27.5
シューズ:SHIMANO / SH-XC90
ペダル:SHIMANO / PD-M9000
ハンドル:SHIMANO PRO / THARSIS
ステム:SHIMANO PRO / THARSIS
シートポスト:SHIMANO PRO / THARSIS
フロントフォーク:SR SUNTOUR / AXON-WERX-RC-RL-RC AH CTS 27.5/100MM
タイヤ:SCHWALBE / RACING RALPH(27.5×2.25)
サドル:fi'zi:k / TUNDRA3
ヘルメット:KABUTO / ゼナード(アンカースペシャルモデル)
サングラス:adidas eye wear / evil eye halfrim pro /クリスタルSグラデーション
ケミカル:HOLMENKOL
時計メーター:SUUNTO / AMBIT2S
ネックレス:SEV
ドリンク:SAVAS(株式会社明治)
サプリメント:SAVAS(株式会社明治)
レースウェア:WAVE ONE
レースグローブ:KABUTO / PRG-3
アンダーウェア:CRAFT
インソール:SUPER feet / Black
アパレルウェア:Columbia
ザック:deuter
テーピング:New-HALE