contents

15/07/07

【ロードチーム】全日本ロード選手権大会レポート

翔が全日本ロードで10位入賞。
レース名 : 第84回 全日本自転車競技選手権大会 ロードレース
カテゴリー : ナショナルチャンピンシップ
開催地 : 栃木県、那須町
開催日 : 2015年6月27日
距離: 240km (16km x15周)

【レース解説】
那須で開催された全日本選手権大会、大雨の予定が幸い晴れてのスタート。
毎年、全日本では前半から大逃げが決まり、今年は20人の逃げが形成され、
アンカーからは翔、良太、和郎の3人を送り込む。
各主要チームと有力選手が揃っていた為にタイム差は3分以上迄に広がる。
このメンバーで最後の勝負が決まると考えられていたが、
都合の悪かった愛三レーシングチームがメイン集団をスピードアップしレースを振り出しに戻す。

そして丁度レース後半に入り、集団が一つになった所で康平が単独アタック決めタイム差を1分迄に広げる。
康平のアタックでレースが更に厳しくなった所でなんと女子レースのゴール調整の為にレースストップが掛かってしまう。
その後再スタートするが、前半からレースを作って来たアンカーの動きは全て水の泡になり完全に変わったレースになってしまう。
その後は、アタックが決まりにくい展開になり各チーム、そしてアンカーも必死に集合から逃げ出そうとするが難しく、
完全にスプリンターチームに主導権は握られ苦戦する。
ラストまで攻撃するアンカーだったが、
素晴らしいチームプレーを成し遂げたTeam UKYOの窪木選手がスプリントで見事優勝を決める。
この大会で熱い声援を送ってくださったファンの皆様、大変にありがとうございます。
また来年へ向けて努力していきますのでどうぞ宜しくお願いします。

【レース結果】
1位 KUBOKI Kazushige, TEAM UKYO. 5:55’33’’
2位 HATANAKA Yusuke, TEAM UKYO. +0’’
3位 MASUDA Nariyuki, UTSUNOMIYA BRITZEN. +0’’
10位 HATSUYAMA Sho, BRIDGESTONE ANCHOR. +08’’
24位 NISHIZONO Ryota, BRIDGESTONE ANCHOR. +42’’
33位 INOUE Kazuo, BRIDGESTONE ANCHOR. +2’16’’
55位 UCHIMA Kohei, BRIDGESTONE ANCHOR. +8’31’’
56位 TERASAKI Takero, +8’31’’
57位 TSUBAKI Hiroshi, + 8’31’’
DNF ICHIMARU Shogo.

【参加選手】
1 - 初山 翔
2 - 内間 康平
3 - 寺崎 武郎
4 - 井上 和郎
5 - 一丸 尚伍
6 - 西薗 良太
7 - 椿 大志

elitemen-2_s.jpg
写真:シクロワイアード