contents

16/02/29

【キプロス サンシャインカップ 2016】第1、2ステージ レポート

レース名:キプロス サンシャインカップ 2016 #1Afxentia 4 Stage
第1、2ステージ(全4ステージ)
カテゴリー:SHC(オー・クラス)
期日:2016年2月25日(木)、26日(金)
開催地:キプロス共和国 Afxentia

ブリヂストン・アンカー・サイクリングチーム 参加選手
平野星矢、沢田時

=================

アンカーMTBチーム、2016年開幕戦となるステージレース、《キプロス サンシャインカップ 2016》が始まりました。

このキプロス サンシャインカップは、1997年より開催される、歴史あるUCIレースです。UCIカテゴリーはオー・クラス(SHC)、ステージレースにおける最高カテゴリーです。

MTBチーム監督、小林からのレポートをまとめます。


【ステージ1 個人TT  3.9km @ Lefkara】

街中を駆け抜ける個人タイムトライアルからステージレースが開幕します。コース試走を終え、機材チェックとセッティングを完了。準備は万端です。

ワールドカップメンバーが揃った103名のエリートは、14:00から60秒間隔でスタート。 厳しい戦いになる事、大きな壁がある事は充分に理解しています。アンカーのジャージが古街の石畳を躍動すると信じて会場に向かいました。

レース結果


沢田時が +1'27の77位



平野星矢が +1'42の83位


【キプロス サンシャインカップ 2016】ステージ1 市内タイムトライアル 平野星矢

【キプロス サンシャインカップ 2016】ステージ1:市内タイムトライアルが行われました。動画は平野星矢のスタートです。

Posted by Bridgestone Anchor Cycling Team on 2016年2月25日

平野星矢のスタートシーン


--- Stage 1 Result ---

1 FLORIAN VOGEL SUI FOCUS XC TEAM 0:09:25.349

77 TOKI SAWADA/沢田時 BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM + 1:27.813
83 SEIYA HIRANO/平野星矢 BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM + 1:42.525

==========================================

【ステージ2 ポイント to ポイント 47.9km @ Lefkara】


ステージ2は、スタート地点とゴール地点が異なるポイント to ポイントのレース。この形式のレースでは、テクニカルフィード(技術補給地点)の場所が限られており、しかもかなりの距離があるため、なにかトラブルが起こった際には、自らが修理などを行わなければなりません。

スタート後、20km地点を過ぎても、トップは20名程の集団が形成され、それを追う縦長のセカンドパックには、現在好調な沢田時が入り、積極的に前を追う展開となりました。


沢田時

しかし、中盤のシングルトラックで、沢田は2度に渡る後輪のパンクに見舞われてしまいます。コース自体は大変タフなもの、他の多くのワールドカップライダー達もパンクしてしまうほどのものでした。


平野星矢

一方、キプロス入り前に体調を屑していた平野星矢は、レース中盤から調子を上げ、少しずつ前を追う形になっていきましたが、その彼も後半の岩場にある鋭い岩でタイヤサイドをカット、痛恨のパンクに見舞われます。

結局、平野選手は前輪を1度、沢田選手は後輪を2度パンクするという、メカトラブルに悩まされたステージとなりました。これもレースです。結果としては順位を落とした形になりましたが、2選手ともしっかりと完走し、明日のステージ3にレースを繋げることができました。


--- Stage 2 Result ---
1 MATHIEU VAN DER POEL BKCP-CORENDON 1:47:49.054

84 SEIYA HIRANO/平野星矢 BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +23:29.149
86 TOKI SAWADA/沢田時 BRIDGESTONE ANCHOR CYCLING TEAM +24:26.398