contents

16/04/12

【ルートアデリ・ド・ヴィトレ 2016】初山27位に。

レース名;ルートアデリ・ド・ヴィトレ 2016(正式名称;Route Adélie de Vitré)
UCIカテゴリー:1.1
日時:2016年4月1日(金)
開催地:フランス・ヴィトレ
距離:197.8km

ブリヂストン アンカー サイクリングチーム 出場選手:
内間康平、鈴木龍、椿大志、初山翔、トマ・ルバ、ダミアン・モニエ

PHOTOS from www.routeadelievitre.fr, © Etienne Garnier


4月1日金曜日、1クラスとなるUCIレース、ルートアデリ・ド・ヴィトレ、通称ルートアデリが開催されました。ブリヂストン アンカー サイクリング チームも参戦します。

一日のみのワンデーレース、その1クラスとなるUCIカテゴリー1.1レースともなると、華やかです。とても美しく歴史ある町、ヴィトレの中心にあるお城をスタート・ゴールにしており、周囲は観客で埋め尽くされます。UCIカテゴリー1.1であるこのレース。1クラスのレースは華やかです。

このヴィトレという町ですが、

『フランス、ブルターニュ地域圏、イル=エ=ヴィレーヌ県のコミューン。オート=ブルターニュ地方に属し、メーヌ、アンジューの各地方と接している。フランス文化省によってフランス歴史と文化のまちに指定されている。花のまちコンクールでは3つ花マークを獲得している。』ウィキペディアより


この成り立ちとその歴史、そして建築たち。ウィキペディアを読むだけでもワクワクします。もし来年もチームが出場するなら、ぜひとも応援と観光に行ってみたい場所です。

レースでの、チーム紹介の模様です。後半見難いのですが、ご容赦ください。スタート前には、前週に命を落とした2名の選手、アントワーヌ・デモワティエ、ダーン・ミングヘールを偲ぶ黙祷が行われました。


レースは言わばひな形通りの展開で進みました。逃げる集団をメインとなる集団が泳がせ、次第にペースが上がり、ゴールスプリントになる、というもの。ブリヂストン アンカーチームにしてみれば、得意とする展開でもあります。

数人の逃げを捕まえたメイン集団のペースはラスト4週ほどで一気に上がり、後方の選手からちぎれていくという、力技の様相となります。上がるスピードの中、ラスト1周を残した厳しい地形のセクションで、5名の選手が飛び出します。中には優勝経験のある選手もいた、いわばゴールデンメンバーの逃げです。

そこにトマ・ルバが飛び出し一人で追走、追いつきます。このトマが、力をもって力をねじ伏せた模様を、水谷監督は「いまトマが仕上げてきた地力の証明だと思います」と振り返ります。

その逃げはやはり他のスプリンターを要するチームに阻まれ、最終的に50〜60人となったメイン集団がそのままゴールスプリントへ。


ゴールスプリント模様の動画です。

そこへ初山翔が勝負に挑みます。しかしスプリント直前に前方で落車発生! 初山は巻き込ませんでしたがそのままタイミングを失ってゴール、27位の成績となりました。さらに上を狙えるチャンスもあっただけに残念です。鈴木龍は、途中突然の腹痛を起こしラスト3周を残してリタイア、内間康平、椿大志も中盤にてリタイアしています。

ライダー達のコンディションは上がっています。次のレースは4月16日(土)、Tour du Finistère ツール・ド・フィニステルです。

ルートアデリ・ド・ヴィトレ 2016
【リザルト】2016年4月1日

04/01/2016 - Route Adélie de Vitré (1.1)
1 COQUARD Bryan Direct Energie 4:48:58
2 VENTURINI Clément Cofidis, Solutions Crédits +0:00
3 DUMOULIN Samuel AG2R La Mondiale +0:00
27 HATSUYAMA Sho/初山翔 Bridgestone Anchor Cycling Team +0:15
30 LEBAS Thomas/トマ・ルバ Bridgestone Anchor Cycling Team +0:17
55 MONIER Damien/ダミアン・モニエ Bridgestone Anchor Cycling Team +0:35
DNF SUZUKI Ryu/鈴木龍 Bridgestone Anchor Cycling Team -
DNF UCHIMA Kohei/内間康平 Bridgestone Anchor Cycling Team -
DNF TSUBAKI Hiroshi/椿大志 Bridgestone Anchor Cycling Team -